アルファロメオF1 「2017年のザウバー時代の失敗がまだ尾を引いている」
アルファロメオF1のテクニカルディレクターを務めるヤン・モンショーは、チームがまだ2017年のザウバー時代の問題に苦しんでいると語る。

アルファロメオF1は、今季マシンに取り組むのではなく、すでに大幅なレギュレーションが導入される2022年F1マシンの開発に焦点を向けている多くのチームのひとつだ。

最後にレギュレーションに大きな変更が加えられたのは2017年。当時ザウバーとして知られていたチームは適応に苦労し、最終的にわずか5ポイントでコンストラクターズ選手権を最下位を終えました。

アルファロメオF1のテクニカルディレクターを務めるヤン・モンショーは、その失敗は依然としてチームを傷つけているし、その教訓は、2022年に向けて物事を正しく行うことがいかに重要であるかを示していると語る。

「ザウバーの歴史を見るだけでいい。2017年は規制の最後の大きな変更だった」とヤン・モンショーは Auto Motor und Sport に語った。

「当時、チームは適切に仕事をすることができなかった。マシンは全員から4.5秒~5秒遅れていた。我々はまだそれに苦しんでいる」

「このようなレギュレーションの下でそのようなハンディキャップから始めることになれば終わりだ。それを補うことはできない。他の人は必ずしも冬にカリブ海に行くとは限りらない。彼らも働き続けている」

「我々にとって、この非常に異なる一連の規制で最初のマシンが真ん中にあることは非常に重要だ。そうすれば、大きなハンディキャップはもうない」

「それは、次の年に我々が最後または最後から2番目で終わらないように絶えず苦労するのではなく、ミッドフィールド上部に定住するという希望を煽るだろう」

2020年はアルファロメオF1にとって2017年以来最悪のシーズンとなった。チームはミッドフィールドから降りて、バックマーカーのウィリアムズとハースと戦い、8ポイントしか獲得できなかった。

だが、2021年にアルファロメオF1は一歩前進したように見え、シーズン開幕戦で両方のマシンをQ2に進出し、ミッドフィールドの戦いに再び加わった。

ヤン・モンショーは、2022年の重要なシーズンに先立って、最も重要なことは、パフォーマンスが機器とデータと一致することだと述べた。

「タイヤをケアをしなければならないトラックで我々は苦労していた。我々はそこに多くの時間とエネルギーを費やした。我々は今、この点でさらに進歩している」とヤン・モンショーは語る。

「一般的に簡単な理由はない。そうでなければ、問題など発生しない。シーズン中に解決できたものもあるが、他のものはマシンの特定のものを変えなければならないので時間がかかる。これまでのところ、測定した内容には非常に満足している」

「まず第一に、最も重要なことは、期待が沿ったものであり、シミュレーションが機能していることだ。この特定のシーズンに相関の問題に対処することは誰も望んでいない」

「2022年に焦点が当てられていることは周知の事実だ。それから我々を遠ざけるものは長期的に逆効果になる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / ザウバー