アルファロメオF1、新たな最先端シミュレーターの開発作業を推進
アルファロメオF1は、新型コロナウイルスのパンデミックによって開発作業が中断されていたヒンウィルの新しい最先端シミュレーターを完成させるための努力を倍増している。

アルファロメオF1/ザウバー・モータースポーツは、2020年のための重要な開発ツールになることを期待して、2019年末に新しいインフラストラクチャに多額の投資を行った。

だが、残念ながら、新型コロナウイルスの猛威にとり、新しいシミュレーターの開発計画は狂わされた。

「残念ながら、このプロジェクトは、新型コロナウイルス危機、長期にわたるプラントの閉鎖、および我々が抱えていたいくつかの内部問題によって棚上げになった」とアルファロメオF1のテクニカルディレクターを務めるヤン・モンショーはに語った。

「シミュレーターの開発レベルで言えば、3~4か月は確実に失った。現在、それをスピードアップするためにさらに一生懸命取り組んでいる」

「我々は、それが重宝し始めることを望むレベルにゆっくりと近づいている」

ヤン・モンショーは、チームのシミュレーターがアルファロメオの最も重要な2022年F1マシンのバーチャル開発に間に合うように稼働することを確信しているが、ザウバーがそのシミュレーションの完成を焦ることはないと主張した。

「2021年のマシンはシミュレーターの恩恵を実際には受けなあkった。それは確かだ」とヤン・モンショーは語った。

「十分に調整されておらず、信頼できないツールに早くに飛びつけば、1年後に新しいマシンに関していくつかの高くつく決定を下すリスクがあるため、注意する必要がある」

「代わりに、徐々にそれをを進め、グランプリの前後に主にドライバーと多くの相関関係を作り、必要な信頼性を構築し、段階的にツールを使用するという決定を下すことになる」

「現在、まだそのレベルにはいない。2022年のマシンがこの新しいツールからより多くの恩恵を受けることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング