アルファロメオF1、2021年はライコネン&シューマッハで確定?
アルファロメオF1は、2021年にミック・シューマッハとキミ・ライコネンというラインナップに落ち着くようだ。

F1アイフェルGPの週末にはアルファロメオF1が2021年のドライバーラインナップを発表するとの噂が流れたが、何もニュースはなかった。キミ・ライコネンもまだF1を継続するかどうかは決定していないと否定している。

だが、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ミック・シューマッハに関してはアルファロメオF1でデビューを果たすのは既定路線だと語る。

ヘルムート・マルコは、彼の立場的に「どのドライバーがまだ市場に出回っているのかがわかる。誰が誰に電話したか知っている」と Sport 1 に語った。

「ジュニアカテゴリーを見れば、彼(シューマッハ)は常に控えめにスタートし、2年目はトップの状態となった。F1でも同じことが推測できる」

また、ヘルムート・マルコは、実際、ミック・シューマッハがF1アイフェルGPでレースデビューに近づいていたと明かす。

「アルボンに起こったのと同じことがジョビナッツィでも起こった」とヘルムート・マルコは説明した。「最初の新型コロナウイルスの検査は明確ではなく、ミックはデビュー目前だった」

ヘルムート・マルコは、現在フェラーリのジュニアプログラムに所属するミック・シューマッハをレッドブルのプログラムに加入させることにあまり関心はなかったと語る。

「我々の役割は、ドライバーや若者にトップに立つ機会を与えることだと考えている。モータースポーツは非常に高価です」とヘルムート・マルコは語った。

「ミック・シューマッハに必要なサポートがあったことは常に明らかだった。基本的に彼は我々を必要としなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / キミ・ライコネン / ミック・シューマッハ