F1 「今後モータースポーツは世界の優先順位から外れる可能性がある」 / 新型コロナウイルス
アルファロメオ・レーシングのF1チーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、新型コロナウイルスの大流行によって今後モータースポーツが世界の優先順位リストから大きく外されてしまう可能性があり、困難な時代を迎えるかもしれないと危惧する。

F1オーストラリアGPの中止以降、F1、FIA(国際自動車連盟)、およびF1チームは、新型コロナウイルスの世界的な大流行による継続的な混乱に直面し、明確な行動に出ている。

すでに開幕から8戦までのレースを延期・中止とし、8月のサマーブレイクを3月~4月に前倒し。さらに202年のF1レギュレーションの導入を一年延期した。

フレデリック・ヴァスールは、F1が講じたそれらの対応は“必須”ではあるが、コスト面にも大きな打撃を与えることになると語る。

「FOM収入の避けられない減少、今後数か月でスポンサーが直面する困難との間で、我々はコストが上昇する一方で収益に15〜20%の打撃を見越している」とフレデリック・ヴァスールは Auto Hebdo のインタビューで語った。

現在、延期となっているレースをカレンダーに再び組み込む場合、シーズン後半は3連戦の週末が標準的な状態となってくる。だが、それを実現することでF1チームのコストが増加することになるとフレデリック・ヴァスールは主張する。

「トリプルヘッダーを増やすには、追加のレースの負担に対処するためにより多くの人員を雇用する必要がある。また、使用しないかもしれないが、念のために追加のコンポーネント(ウイング、フラットボトムなど)の生産も強制される」

「いくつかのチームの懸念に対処する必要があるため、木曜日の会議は簡単なものではなかったが、最終的には常識が勝った。シャシー、エンジン、その他のまだ未定義の要素を凍結するという考えだ。会議ですべてをリストする必要はなかった」

「だが、来年の予算上限の導入を維持することは重要だった。これにより、パンデミックが後退した際にややソフトな着陸が可能になり、大きなチームが2022台のマシンに多額の費用をかけることがなくなる」

新型コロナウイルスの世界的大流行は、この段階ではほとんど想像することのできない広範囲に及ぶ結果を伴う、間違いなく世界に衝撃的な出来事だ。

人々の生活を破壊し、市場と経済を破壊する。塵が落ち着いたときに世界がどこに向かうかは推測することしかできない。フレデリック・ヴァスールはF1とモータースポーツ界が直面するであろう危機を危惧している。

「カレンダーを再構築するにはレースが必要だ。パンデミックが沈静化すると危機に陥る。中止になるレースはモナコだけではないと思っている」

「それはF1が過小評価していた副作用であり、実感し始めたばかりのことだ」

「私は30年のキャリアの中で、1990年の湾岸戦争、2001年の9.11、2003年のSARS、2008年のサブプライム危機の影響に対処してきた」

「しかし、現在、中国からアメリカ、ヨーロッパまで、誰もがすべてのセクターで打撃を受けている。過去に閉鎖を経験したのは第二次世界大戦中の世代だけだ。今後は難しい時期を迎えることになるだろう」

「新型コロナウイルスの前後で進めるべき優先事項がある。そして、モータースポーツが世界の優先事項の1つになるかどうかはわからない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング