F1 アルファロメオ・レーシング
アルファロメオ・レーシングは、2019年のF1イギリスGPの決勝レースで、キミ・ライコネンが8位、アントニオ・ジョビナッツィがリタイアでレースを終えた。

フレデリック・ヴァス-ル(チーム代表)
「4ポイントを獲得できたのは良いリザルトだが、1台がチェッカーフラッグを受けられなかった時はいつも落胆するものだ。全体としては優れたチームパフォーマンスだった。キミは堅実なレースを見せ、目の前に訪れた機会を最大限に活用した」

「アントニオも彼の近くにいたはずだが、残念ながらメカニカルトラブルにより、彼のレースはグラベルで終わった。今回も我々はミッドフィールドで戦うことができた。だが、取り返したものを維持するためにはまだハードワークが必要だ」

キミ・ライコネン(8位)
「8位はポジティブな結果だ。今日のコーナーでのマシンのハンドリングはかなりいい感じだったけど、僕たちは直線スピードを少し欠いていた。最後は前のクルマのDRS圏内に留まり続けて、後続のトロロッソのクビアトを抑えるために戦った。最も簡単な週末ではなかったけど、喜んでポイントを受け取るよ」

アントニオ・ジョビナッツィ(リタイア)
「レースを完走できなかったのは残念だ。クルマの何かがおかしくなってグラベルに突っ込んでしまった。それが何だったのかはまだ分からない。クルマが戻ってきたら調べるつもりだ。残念だけど、レースとはそういうものだ。キミにかなり近づいていたし、2人とも同じような戦略だったので、ポイントを獲得できた、もしくはポイントに近いところまではいけたはずだ。それでも僕たちのパフォーマンスについては喜んでいいと思う。チームにとってはいい結果を出せたし、また前進を果たすことができた。ミッドフィールドはとても拮抗しているので、そこに居続けるためにはハードワークを続けていかなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: アルファロメオ・レーシング | F1イギリスGP