F1 アルファロメオ・レーシング
アルファロメオ・レーシングは、F1中国GPの決勝で、キミ・ライコネンが9位入賞、アントニオ・ジョビナッツィは15位でレースを終えた。

フレデリック・ヴァスール (チーム代表)
「我々にとってトリッキーな週末だった。金曜日と土曜日にはいくつかテクニカルトラブルに見舞われた。両ドライバーとも今日のレースは良い仕事して、個々の状況にうまく対応してくれた」

「キミが9位でフィニッシュしてくれたのでいくらかポイントも獲得できた。アントニオは一貫したパフォーマンスを発揮し、後方からのスタートながら中団グループの中でフィニッシュした。今後やるべきことはいくつもある。バクーではさらに強くなって戻ってこれるようにプッシュしていく」

キミ・ライコネン (9位)
「今日はクルマの感触が良かった。グリッドの後方からのスタートだったけど、少なくともポイントを獲得することはできた。最後はフロントタイヤのグリップがなくなっていた。レース中はタイヤを労わっていたので残念だけど、あまりに冷えていたし、スローダウンしてしまった。改善するために作業を続けていくし、バクーで何ができるか見てみるつもりだ」

アントニオ・ジョビナッツィ (15位)
「全体的に難しい週末だった。後方グリッドからレースをスタートして、ポジションをいくつか上げよるためにい少し異なる戦略を取った。最終的にあまりうまく機能しなかったし、今はとにかくアゼルバイジャンの次のグランプリでフレッシュなスタートを切ることを楽しみにしている。バクーには良い思い出もある。またあの場所でレースをするのは楽しいはずだ。僕たちに何ができるかはそのうちわかるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: アルファロメオ・レーシング | F1中国GP