アレクサンダー・アルボン、レース後に5秒ペナルティ / F1アメリカGP
アレクサンダー・アルボンは、F1アメリカGPでコースを離れてアドバンテージを得たとして、レースポイントに5秒追加され、ペナルティポイントを与えられました。

スチュワードは、ウィリアムズのドライバーであるアレクサンダー・アルボンがサーキット・オブ・ジ・アメリカズでアルファタウリの角田裕毅とターン 12 でバトルを繰り広げたときにコースを離れ、アドバンテージを得たと判断した。

スチュワードは「23号車(アルボン)は、T12でコースを離れ、再び合流したが、ポジションを維持した」と報告した。

「スチュワードはビデオの証拠を検討し、レースディレクターの指示に基づく今年の他の決定と一致して、これは規則違反であると結論付けた」

アレクサンダー・アルボンは12位でポイントを獲得できなかったが、周冠宇(アルファロメオ)の後ろの13位に降格となった。
※フェルナンド・アロンソのペナルティが確定すれば、12位に昇格

そのため、彼がサーキット・オブ・ジ・アメリカズから奪う唯一のポイントは、スーパーライセンスのペナルティポイントだけとなる。

角田裕毅は、5月のスペインGP以来となる10位フィニッシュでポイントを獲得した。

アレクサンダー・アルボンは、FW44 がトップ 10 に入るためにはペースに欠けていたと感じている

「スパ 2.0 を期待していた」とアレクサンダー・アルボンはセッション後に記者団に語った。

「そうなりそうだったんだけどね。レースがあと3周早く終わっていれば、それができただろう」

「でも、デグラデーションは大きくかった。それはレースに臨むときから分かっていた。風が強かったこともあまり役に立たなかった。風が強いと、滑りやすくなり、デグラデーションが大きくなる」

「今日はペースが足りなかったように感じる。自分たちにチャンスを与え、戦略的に優位に立ち、ポイントを獲得できる位置にいることを確認した。そして、それを保持するかは僕次第だった。でも、残念なことに逃してしまった」

「今日から多くのことをポジティブに捉えることができると思う。この週末全体で、僕たちにあまり適していないトラックでQ3に突入できそうだた。コンディションもそうだね。レースは別の話だったけど、今日の結果を誇りに思うことができると思う」

アレクサンダー・アルボン ウィリアムズ・レーシング F1 アメリカGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / ウィリアムズ