ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボン、F1シンガポールGPで復帰
アレクサンダー アルボンは、病気のためにF1イタリアGPをスキップした後、今週末のF1シンガポールGPでウィリアムズに戻る予定だ。

F1イタリアGPの土曜日、アレクサンダー・アルボンは虫垂炎と診断されて入院し、外科手術を受けた。だが、手術後、麻酔の合併症で呼吸不全に陥り再び挿管されて集中治療室に入った。その後、アルボンは病院で医師の治療を受け、手術のわずか数日後に退院し、モナコの自宅に戻って復帰の準備を開始した。

F1イタリアGPでは、ニック・デ・フリースが代役に抜擢され、ウィリアムズでの急遽のデビューレースで2ポイントを獲得して旋風を巻き起こした。

ニック・デ・フリースは今週末のシンガポールでコックピットに戻れるようスタンバイしているが、アレクサンダー・アルボンはウィリアムズのために運転の任務を遂行する予定だ。

「まず、イタリアGPの週末に寄せられたすべてのメッセージとサポートに感謝したい」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「シンガポールに向けての準備はいつもと少し違っていたけど、調子はいいし、カレンダー上で最もフィジカルなレースの 1 つに向けてできる限りの準備をしてきた」

「これがどれほど大きな挑戦になるかを過小評価しているわけではないけど、金曜日にコースに出て、再びドライブできることを楽しみにしている」

「素晴らしいストリートサーキットであり、私にとってタイの家に最も近いレースなので、ここに来て、ファンの皆さんに会えることを本当に楽しみにしている」

今シーズン、アレクサンダー・アルボンはトップ10の結果を3回獲得。ベストフィニッシュは、マイアミでの9位となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / ウィリアムズ / F1シンガポールGP