アレクサンダー・アルボン、ウィリアムズF1に2023年も複数年契約で残留
ウィリアムズ・レーシングは、アレクサンダー・アルボンが、2023年シーズン以降も複数年契約でF1チームに残留することを発表した。

アレクサンダー・アルボンは、今シーズン、ウィリアムズF1チームとともにフルタイムでF1に復帰し、2022年の3ポイントすべてを獲得し、チームの努力を先導してきた。

アレクサンダー・アルボンの契約延長は形式的なものと考えられていたが、ウィリアムズF1チームは2023年まで残留することを発表した。

スクーデリア・トロロッソ、レッドブル・レーシングでレースに所属していたアレクサンダー・アルボンは、2020年末にフルタイムのラインアップら外された後、1シーズンをレッドブルのリザーブドライバーとして過ごした後、今年ウィリアムズF1チームでF1でレース復帰を果たした。

レッドブルは、アレクサンダー・アルボンのサービスについて「将来の選択肢」を持っていることが知られていたが、すでにレッドブル・レーシングはセルジオ・ペレスが2024年末までマックス・フェルスタッペンのチームメイトとして起用することを決定している。

アレクサンダー・アルボンは、F1オーストラリアGPで最後から2番目のラップにピットインするという大胆な戦略で10位入賞。さらにF1マイアミGPでは9位で入賞している。
ウィリアムズF1チームのアレクサンダー・アルボンの確認は、セバスチャン・ベッテルが今シーズンの終わりにF1から引退するという決定をきっかけに、2023年のF1ドライバーマーケットでの発表が相次いだ後に行われた。

これにより、フェルナンド・アロンソがアルピーヌF1チームからアストンマーティンF1へと衝撃移籍し、その後、オスカー・ピアストリが彼の後任としてステップアップすることが発表された。

しかし、オスカー・ピアストリはその後、契約にサインしたことを否定し、2023年アルピーヌF1チームでレースをすることを否定する声明を発表。マクラーレンとの契約に合意したと理解されている。

オスカー・ピアストリは、2023年にウィリアムズF1チームでアレクサンダー・アルボンのパートナーになると広く予想されており、ニコラス・ラティフィの後任として、アルピーヌからローン移籍の契約を結んだが、彼のマネジントは、ピアストリをウィリアムズF1チームに入れるというアイデアに躊躇した。

アルピーヌF1チームとマクラーレンの間でオスカー・ピアストリの契約争いが続くことで、ウィリアムズF1チームの焦点はアレクサンダー・アルボンの2023年のチームメイトに見つけることに移るだろう。

ニコラス・ラティフィは今シーズンの終わりにチームを去ると予想されており、ウィリアムズ・レーシングの育成ドライバープログラムの一部であるアメリカ人F2ドライバーのローガン・サージェントを起用する可能性がある。.

ウィリアムズF1チームの2番目のシートのもう1つの候補は、チームが代わりにアレクサンダー・アルボンに契約することを選択する前に、2022年にドライブを検討していた現フォーミュラEチャンピオンのニック・デ・フリースがいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / ウィリアムズ