アレクサンダー・アルボン、ウィリアムズF1での初日に車のキーを紛失
アレクサンダー・アルボンは、ウィリアムズF1での初日にファクトリーで車のキーを紛失するというちょっとしたドラマがあったことを告白した。

レッドブルF1のリザーブドライバーとして1年間をDTM(ドイツツーリングカー選手権)に費やしたアレクサンダー・アルボンは、2022年にウィリアムズでF1に復帰。水曜日にグローブのファクトリーを訪れ、新シーズンへの準備を開始した。

しかし、アレクサンダー・アルボンはファクトリーを歩き回る際に小さなミスをして、物事は完全にスムーズには進まかった。

「初日に車のキーを紛失してしまった。見つけることができたので素晴らしかったね」とアレクサンダー・アルボンは認めた。

「夕食のトレーに置き忘れたと思ったので、ゴミ箱を調べようとしたけどが、幸いにもシミュレータールームのソファのすぐ下にあってゴミ箱を漁らずに済んだ」

アレクサンダー・アルボンは、ウィリアムズF1のドライバーとして1日を過ごし、チームメンバーと顔合わせをして、グローブ組織の広さに驚かされたと語る。

「ウィリアムズを親密なチームと見なす人もいるけど、それでも大規模だ」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「ここには、マーケティングから空力、メカニカルショップから経理まで、まだたくさんの人がいる。大きなチームだ」

「たくさんの新しい顔を見てきた。みんなの名前を覚えているかどうかは分からないけど、みんなに会えて良かった」

「非常に国際的なチームであり、まだ頭に残っていない名前がたくさんあるけど、そのうち覚えるだろう!」

「それ以外は、エンジニアリング面とシミュレーターの仕事を通して、ガレージの僕サイドの人たちに会うことができた。僕たちがどのようにビジネスをしているかを学んだ。何が僕とフィーリングが合って、何が彼らとフィーリングが合うかをね」

アレクサンダー・アルボンは、2022年に向けて物事についてより落ち着きを感じていると語った。

「F1で3年目になるけど、時間の経過とともに多くの経験を積んだように感じる」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「僕はもう新人ではない。自分が何をしているのか、何を望んでいるのかを分かっている。僕に耳を傾けてくれるこのチームと一緒に仕事ができるのは素晴らしいことだ。僕たちはお互いに耳を傾け、このマシンを最大限に活用しようとしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / ウィリアムズ