アレクサンダー・アルボン、ウィリアムズF1の最有力候補との報道
ジョージ・ラッセルがメルセデスに移籍した場合、ウィリアムズF1のファースチョイスはアレクサンダー・アルボンだとイタリアメディアが報じている。

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、セルジオ・ペレスと2022年の契約を更新した際、アレクサンダー・アルボンはチームの重要な一員であり、できるだけ早い機会にF1に復帰せるためにレッドブル外の選択肢を検討していると述べていた。

イタリアの Motorsport は、今週末のF1ベルギーGPのパドックから収集された情報として、2022年にジョージ・ラッセルの代役が必要となった場合、アレクサンダー・アルボンがウィリアムズの2022年のF1シートのファーストチョイスだと伝えた。

一方、アルファロメオのキミ・ライコネンとアンドニオ・ジョビナッツィは、今シーズン限りでチームとの契約が終了するが、ライコネンはトリプルヘッダーの最終戦となるF1イタリアGPで引退を発表し、バルテリ・ボッタスのアルファロメオ加入、そして、ジョージ・ラッセルのメルセデス加入が発表させるとも報じられている。

ウィリアムズは、ニコラス・ラティフィが2022年も残留することが合理的だと考えられており、2022年の唯一の空席となるウィリアムズF1には長い候補者リストが報じられている。

これまでの報道では、メルセデスF1のリザーブドライバーのニック・デ・フリース、アルピーヌの育成ドライバーである周冠宇、そして、バルテリ・ボッタッスの復帰の可能性も報じられたが、アレクサンダー・アルボンが彼らをリードしているという。

アレクサンダー・アルボンは今年DTM(ドイツツーリングカー選手権)に参戦しており、前戦ニュルブルクリンクでシリーズでの初ポールポジションと初勝利を獲得している。

最近、アレクサンダー・アルボンは、F1でチャンスを得るには最大1年でしか余裕がないと語っていた。とりあえず、2022年もレッドブルF1のリザーブドライバーとして残ることが保証されているが、F1のチャンスが近づいていない場合は、インディカーでのレースをする選択肢も検討している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / ウィリアムズ / レッドブル