アレクサンダー・アルボン、F1デビュー時のトスト代表からのアドバイスを胸に刻む
アレクサンダー・アルボンは、最初にF1グリッドに加わったときにアルファタウリF1のチーム代表であるフランツ・トストから受けた最高のアドバイスを胸に刻んでいると語る。

アレクサンダー・アルボンは、2019年にダニール・クビアトのチームメイトとして当時トロロッソとして知られていたチームのドライバーに抜擢されてF1の世界に足を踏み入れた。

フランツ・トストは、2006年からチーム代表を務めており、若手ドライバーとの仕事、指導に豊富な経験を持っている。アレクサンダー・アルボンは、F1で受けるであろう批判に対する対応についてこれまででアドバイスのアドバイスをトスト代表から受けたと語る。

「最高のアドバイスは、僕がF1に移ったとき、アルファタウリチームのプリンシパルであるフランツ・トストが『気にするな(Give a fuck)』と言ってくれたことだ」とアレクサンダー・アルボンは squaremile.com とのインタビューで語った。

「F1では周りにたくさんの話がある。それが止まることはない。若いドライバーにといっては気づかないことだけど、すぐにそれを経験して、気にしないことを学ぶ必要がある」

フランツ・トストの警告は真実であることが証明された。ピエール・ガスリーに代わってわずか12レースでレッドブル・レーシングに昇進した後、アレクサンダー・アルボンは、マックス・フェルスタッペンのパフォーマンスに匹敵することができず、期待された結果を出すことに苦労した。

それは2020年のキャンペーン全体に当てはまり、彼のパフォーマンスはシーズン全体を通して広く批判され、最終的にシートを失った。

しかし、アレクサンダー・アルボンは、キャリア初日に困難な時期を過ごしたが、やめることは決して選択肢ではなかったと語る。

「私はやめようとはしなかった。そういう選択肢もあったけどね」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「2012年はパフォーマンス面で酷い年で、その年の終わりにレッドブルのプログラムから脱落し、再開するためのお金がまったくなかった。でも、適切な人を見つけて、翌年の予算をまとめ、続けることができた」

「そして、2017年の終わりから2018年にかけては実際にレースができなそうに見えた。シーズンが始まる前の1月から2月まで毎日チームと話していて、なんとか良いチームのシートを確保することができた」

「翌年、僕はF1にいた。キャリアが終わるかどうかのギリギリだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / トロロッソ / アルファタウリ