アレックス・アルボン、レッドブルF1のシート喪失に自虐「僕は暇だから」 / F1バーチャルGP
アレクサンダー・アルボンは、昨シーズン末にレッドブルF1のシートを失ったことをもう笑えるようになっている。F1バーチャルGPのライブ配信で自虐的にジョークを飛ばした。

昨年、チームメイトのマックス・フェルスタッペンに匹敵できなかったアレクサンダー・アルボンは、2021年はレッドブルF1のリザーブドライバーに降格となった。

レースドライバーとしてはセルジオ・ペレスが加入し、アレクサンダー・アルボンはミルトンキーンズのファクトリーで主に2022年F1マシンのテストと開発作業に従事する。

日曜日の夜、アレクサンダー・アルボンは、今年初めてレッドブルF1での活動を開始。F1バーチャルGPでシミュレーターのステアリングを握ることを許可された。

ライブストリーミングを行うことを決めたアレクサンダー・アルボンは、レッドブルF1で降格を余儀なくされて以来、初めてファンの前に登場。すでにリザーブドライバーとしての役割を受け入れているように、それについて冗談交じりに語った。

F1バーチャルGPに参戦した現役F1ドライバーはニコラス・ラティフィだけだった。ジョージ・ラッセルは土壇場でキャンセルし、昨年場を盛り上げたシャルル・ルクレールとランド・ノリスも不在だった。

「みんな忙しいからね。もちろん僕は忙しくない」とアレクサンダー・アルボンは笑いながら語った。

しばらくすると、レッドブルF1のシートについてもジョークで語った。

「このバーチャルGPに勝ったらレッドブルF1のセカンドシートを獲得できるか? そうだね、契約書には白黒で書かれているよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1