アレクサンダー・アルボン 「一番してはいけない場所でのブレーキミス」 / レッドブル・ホンダ F1ブラジルGP初日
レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、F1ブラジルGPのFP1でクラッシュを喫したものの、FP2では順調に走行を重ねて9番手タイムでセッションを終えた。

FP1はヘビーウエットコンディションでスタートしたが、インターミディエイトタイヤで走行できるぐらいまでにトラックコンディションが回復すると、アレクサンダー・アルボンが0.5秒以上の差をつけて全体のトップタイムをマークする。

だが、セッション終盤でスリックタイヤでの走行を試みた際、アルボンは最終コーナーでスピンし、走行を終えることとなった。幸いにも、マシンへのダメージは大きくなかった。FP1のクラッシュから無事にFP2へ復帰したアルボンは、FP2では9番手となった。

「今日は悪くなかったと思う。FP1は難しいウエットコンディションで、クラッシュで終えることは理想的ではなかったけど、ダメージも少なく、あまり大きなミスではなかった。コースの中で一番してはいけない場所でブレーキミスをしてしまった」とアレクサンダー・アルボンはコメント。

「チームがFP2に走行できるよう、修復に努めてくれたし、FP2の開始時に使用したハードタイヤではいい手応えを感じることができた。ただ、ソフトタイヤに変更した際にフラットスポットを作ってしまい、それ以上タイムを伸ばすことができなかった。ただ、パフォーマンスは力強いし、ロングランペースもいいので、今日はとてもポジティブな感触を得ている」

「一方で、今日はクリーンなセッションができたわけではないので、全体でどの位置にいるのかが確かではない。このサーキットは簡単ではないサーキットだけど、今日は天候とコース上にできてしまった川の影響により、さらに難しくなっていた。でも、楽しい走行ができたと思っている。インテルラゴス・サーキットはクラシックなサーキットなので、さらにリズムをつかめるよう徐々に走行を重ねていきたいと思う」

関連:【動画】 アレクサンダー・アルボン、終了間際にクラッシュ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1 / F1ブラジルGP