F1 アレクサンダー・アルボン ホンダF1
トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、F1バーレーンGPの予選を12番手で終えた。

アレクサンダー・アルボンはトップ10に迫る勢いでトロロッソ・ホンダをリード。Q3進出を決めたキミ・ライコネン(アルファロメオ・レーシング)に僅か0.042秒差に迫るラップタイイムで走行し、ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)の1つ前のグリッドポジションを獲得しました。

「P3後、予選に少し出遅れてしまい、Q2へ進出するためにQ1は3周に賭けることにした。それもあり、1度のみのアタックになったが、最終コーナーでミスをしてしまった」とアレクサンダー・アルボンはコメント。

「ライコネン(アルファロメオ・レーシング)とどれぐらい接近していたかはわからないけど、僕がワイドに出てしまったせいでQ3へのチャンスを失ってしまいとても悔しい」

「しかし、このレースウイークの調子に手応えを充分感じていて、予選までにこれだけ状態を整えられたことに満足している。レースシミュレーションを視野にいれたP2では速さを感じたし、今日得られたこともいくつかあるので、明日は効果的に活かせると思う」

「オーバーテイクができるサーキットなので、ここでの明日の決勝がとても楽しみだ!」

関連:F1バーレーンGP 予選:シャルル・ルクレールが初ポールポジション!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: アレクサンダー・アルボン