ストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンは、2017年にチームを組むフェルナンド・アロンソと直接比較されるのは自分の評価にとって良いことしかないだろうと語る。

ストフェル・バンドーンは、2017年にジェンソン・バトンに代わってマクラーレン・ホンダでF1フル参戦を果たす。

「フェルナンドが隣にいるのはいいことだ。全員が彼をとても高く評価しているからね」とストフェル・バンドーンはコメント。

「F1で最速のドライバーのひとりだし、彼はトラックに出るたびにずっと結果を出している」

「そのようなベンチマークが得られるのは良いことだ。僕がうまくやることができれば、自分のキャリアにとっても好都合だし、僕にとって彼が隣にいるのはいいことだよ」

ジェンソン・バトンは、F1引退を表明しているが、マクラーレンには2018年にバトンをレース復帰させるというプランも残っている。

だが、ストフェル・バンドーンは、リザーブドライバーにワールドチャンピオンがいることはプレッシャーにはならないと語る。

「F1にいるとき、環境がどうであれ、常に良い仕事をしなければならないし、来年もそれは違わないと思う。チームのために懸命に働いて、全員を前進させるられるように仕事に集中するだけだし、ベストを尽くすだけだ。それが最も重要なことだと思っている。現時点でどのような結果になるかを言うのは難しいけど、それを最大限に生かすつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ストフェル・バンドーン | ホンダ | マクラーレン