セルゲイ・シロトキン
セルゲイ・シロトキンが、ルノーにテストドライバーとして加入し、母国グランプリとなる今週末のF1ロシアGPのフリー走行1回目の走行を担当することが発表された。

セルゲイ・シロトキンにとって、今回がグランプリ週末での2度目の走行となる。2014年にザウバーのF1ロシアGPのフリー走行を担当していた。

セルゲイ・シロトキンは、ケビン・マグヌッセンに代わってクルマを走らせる。

「僕にとって素晴らしい機会だ。全てが急速にまとまった」とセルゲイ・シロトキンは述べた。

「まだあまり信じられない。でも、若手レーシングドライバー全員がそこに向かって頑張っている。フリー走行1回目の走行でチームのために最高の仕事をして、出来る限り多く、出来る限り素早く学びたい」

「F1キャリアをスタートするドライバーのために最高の場所を示してくれているルノーに感謝したい。この機会を最大限に生かしたい」

ルノーは、セルゲイ・シロトキンには“長期的な育成計画”を用意しているという。レーシングディレクターを務めるフレデリック・ヴァスールは「セルゲイはジュニアカテゴリーで最も有望なドライバーの一人であり、彼がルノー・スポールに加入するのは素晴らしいことだ」とコメント。

「昨シーズン、彼はGP2シリーズで最も有望なルーキーだったし、そこでレース優勝と表彰台を成し遂げた。2016年に関しては、タイトル争いで非常に良い位置につけている。彼は以前にGPシリーズでソチ・オートドモーロを走っているので、今週末、彼が我々のためにしてくれる仕事を信頼している」

「ルノー・ロシアにとってもロシアのモータースポーツ人気の成長を利用する良い機会だ」

セルゲイ・シロトキンは、2014年にザウバーで411kmmのテストを実施しており、昨年のGP2では、マクラーレン・ホンダのリザーブドライバーを務めるストフェル・バンドーン、マノーのリザーブドライバーを務めるアレキサンダー・ロッシについて3位でシーズンを終えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セルゲイ・シロトキン | ルノー | F1ロシアGP