ザウバー
ザウバーのチーム代表モニーシャ・カルテンボーンは、2017年シーズンにむけての最優先事項は2人目のドライバーと契約することだと述べた。

今月初め、ザウバーはマーカス・エリクソンが2017年もチームに残留することを発表。当初はチームメイトとしてフェリペ・ナッセが残留すると思われていたが、ブラジル銀行がスポンサーから撤退したことで事態は一変。

現在はパスカル・ウェーレインが有力候補とされ、リオ・ハリアントも候補として報じられている。

ザウバーは、アウディスポーツで技術部門責任者を務めていたヨルグ・ザンダーをテクニカルディレクターとして獲得。2017年F1マシンは計画通りに進んでおり、ドライバーラインナップを確定されることが最優先事項となっている。

「2つ目のシートは出来る限り早く整理したいと思っていることです」とモニーシャ・カルテンボーンはコメント。

「新車は全て予定通りです」

一方、フェリペ・ナッセは、F1に残留を諦めてはいない。

「過去や決定したことを変えることはできない」とフェリペ・ナッセは Autosport にコメント。

「解決するために自分に今できることは探すことだけだ」

「自分のプライオリティが来年もF1にいることは明言できる。でも、僕が来年ここにいることを保証できると言っているわけではない」

「僕たちは代替案について考えていなかった。僕たちはそれを追い続けていく」

「この2年間に目を向けなければならない。僕はチームのためにポイントを獲得したし、チームに結果をもたらした。ドライバーに何ができるかは1年では判断できないと思う」

「それ以上に僕は重要なときにそれをやってのけた」

フェリペ・ナッセは、マノーのシート獲得の可能性も探っており、まだF1以外については考えていないと語る。

「プライオリティはここの周りにいることだ。リアーブドライバー? まだわからない」

「レースシートを求めよう。それが無理なら、他の分野を見てみなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ザウバー