ロビン・フラインス
ロビン・フラインスは、トップ5チーム以外で大金を払わなくてもサードドライバーとして起用してくれるチームを見つけられることは稀だと語った。

F1を目指す若手の中でトップクラスのドライバーの1人と認められるロビン・フラインスだが、F1パドックで居場所を見つけることに苦労している。

昨年は、GP2やザウバーのテストドライバーなどを務めていたが、最終的には資金的な問題によって途中でシートを失った。

だが、今年ケータハムのリザーブドライバーの役割を確保したロビン・フラインスは、今週のバーレーンで小林可夢偉に代わって“金曜プラクティス”デビューを果たす。

その役割を得るためにいくら払ったのかと質問されたロビン・フラインスは「何も言えないんだ」と Suddeutsche Zeitung にコメント。

「でも、即金ではなく、ドライバーとして僕を育てたいと思ってくれるチームを見つけられたのはラッキーだった」

ロビン・フラインスは、一部のドライバは生まれつきラッキーだと考えている。例えば、マックス・チルトンは父親が大会社のCEOであり、裕福な家庭のドライバーも多い」

「僕の場合はそれよりはるかに厳しい。ほとんど自分一人でお金を用意しなければいけない」

今週のバーレーンではロビン・フラインスのほかにもプラクティスに参加する“サードドライバー”がいる。ザウバーのギド・ヴァン・デル・ガルデとウィリアムズのフェリペ・ナスルだ。

「その90分は、自分に何ができるかを示したいと思いながらベンチにいるドライバーにとってすごく重要だ」とフェリペ・ナスルは Globo に語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロビン・フラインス | ケータハム