ルノー F1 R.S.17
ルノーは、2017年F1マシン『R.S.17』を発表した。

ルノーは21日(火)、ロンドンで新車発表会を開催。発表会には2017年のドライバーを務めるニコ・ヒュルケンベルグとジョリオン・パーマーが登場し、新車R.S.17のアンベールを行った。

昨年、ワークスチームとして復活を遂げたルノーだが、買収決定の遅れもあり、わずか8ポイントの獲得でコンストラクターズ選手権9位という期待外れのシーズンを過ごした。

しかし、今季マシンR.S.17は昨年からしっかりと開発が進められており、トップに返り咲くために施設や人員の整備も進められている。

ルノー R.S.17は、イエローとブラックのツートンのカラーリングを採用。このカラーリングはドライバーのレーシングスーツにも採用されている。

これまでに発表された2017年F1マシンと同様にノーズ先端に突起のあるショートノーズを採用。エンジンカバーにはシャークフィンが装着されている。

ルノー R.S.17

Renault R.S.17ルノー RS17

ルノー R.S.17:スタジオフォト
ルノーF1 R.S.17

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー | F1マシン