ヴィタリー・ペトロフ、SMPレーシングからWECに参戦

2015年12月26日
ヴィタリー・ペトロフ
元F1ドライバーのヴィタリー・ペトロフが、2016年にSMPレーシングからWECのLMP2クラスに参戦することが決定した。

「このようなビッグファミリーに加わる機会を与えてくれたボリス・ローテンバーグ(チームオーナー)とSMPレーシング・チーム、そして、キャリアを通して僕を助けてくれた人々に感謝したい」とヴィタリー・ペトロフは述べた。

ヴィタリー・ペトロフ、メルセデスからDTM参戦が決定

2014年2月28日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、2014年にメルセデスからDTMに参戦することが決定した。

2013年にF1シートを失ったヴィタリー・ペトロフは、1月にアルガルベでメルセデスのCクラスクーペをテストしていた。

「目の前に急な学習曲線があるのはわかっているけど、僕はチャレンジが大好きだし、快くそれを受け入れている」とヴィタリー・ペトロフはコメント。

ヴィタリー・ペトロフ、メルセデスのDTMテストに参加

2014年1月23日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、メルセデスのDTMマシンをテストした。

ルノー、ケータハムからF1に57戦参戦したヴィタリー・ペトロフだが、2013年にF1のシートを喪失。

昨年の夏にモスクワの赤の広場で開催されたイベント『モスクワ・シティ・レーシング』とDTMのモスクワラウンドでは、DTMカを使ったレーシングタクシーをドライブしていた。

ヴィタリー・ペトロフ 「DTMに参戦する予算ならある」

2013年11月20日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、2014年にDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)に転向する可能性があることを認めた。

昨シーズン末にケータハムのF1シートを失ったヴィタリー・ペトロフは、F1復帰を目指してきた。

「メルセデスとは連絡を取っているし、(DTMの)状況について聞いている」とヴィタリー・ペトロフは Championat にコメント。

ヴィタリー・ペトロフ、ザウバーのシート獲得のために40億円を用意?

2013年10月25日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、2014年にザウバーからF1復帰するとの噂が浮上している。

Auto Motor Und Sport は、ザウバーのシート獲得のためにヴィタリー・ペトロフが3,000万ユーロ(約40億3200万円)資金を用意した報道。後援企業のひとつは、ロシア国営天然ガス大手のガスプロム(Gazprom)だとみられている。

ヴィタリー・ペトロフ、巨額のスポンサーを持ち込み2014年にF1復帰?

2013年10月1日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、強力なペイドライバーとしてF1に復帰する可能性があると報じられている。

ヴィタリー・ペトロフの元マネージャーであるオクサナ・コサチェンコは、ペトロフが2014年のチームに提供するための2500万ユーロ(約33億2800万円)のスポンサーをもたらすと主張した。

ヴィタリー・ペトロフは、オクサナ・コサチェンコの発言を否定してはない。

ヴィタリー・ペトロフ、ソチとともに2014年のF1復帰を目指す

2013年8月5日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、2014年のF1復帰にむけて新たな力を得られる可能性がある。

今年ケータハムのF1シートを失い、マネージャーのオクサナ・コサチェンコとも離れたヴィタリー・ペトロフは、F1キャリアを取り戻したければ、個人スポンサーが必要だと述べていた。

だが、ヴィタリー・ペトロフは、週末にロシアで開催されたDTMにメルセデスのチームシャツを着て姿をみせた。

ヴィタリー・ペトロフ、2014年のF1復帰に集中

2013年6月6日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、たとえマネージャーとロシアのスポンサーがいなくとも、2014年のF1復帰へ決意を固めている。

昨年末にケータハムのレースシートを失ったヴィタリー・ペトロフは、長年マネージャーを務めたオクサナ・コサチェンコと離別。現在、オクサナ・コサチェンコは、ケータハムのコマーシャルディレクターを務めている。

ヴィタリー・ペトロフ、オクサナ・コサチェンコと決別

2013年3月27日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、マネージャーを務めていたオクサナ・コサチェンコと決別し、自分でマネジメントを行っていることを明らかにした。

オクサナ・コサチェンコは、今年からヴィタリー・ペトロフの元所属チームであるケータハムにコマーシャルディレクターとして加入し、スポンサーの新規開拓を担当している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム