マノー、パスカル・ウェーレインの起用を正式発表

2016年2月10日
パスカル・ウェーレイン
マノー・レーシングは、パスカル・ウェーレイを2016年のレースドライバーに起用することを正式発表した。

現DTMチャンピオンのパスカル・ウェーレインは、メルセデスが支援する若手ドライバーのひとり。昨年はメルセデスでリザーブドライバーを務め、ワークスチームとフォース・インディアで6日間のテストに参加していた。

パスカル・ウェーレイン、マノーのF1シート獲得との報道

2016年2月10日
パスカル・ウェーレイン
パスカル・ウェーレインが、2016年にマノーF1デビューを果たすことが決定したと海外メディアが報じている。早ければ、10日(水)にも正式発表されるという。

メルセデスの育成ドライバーであり、2014年からF1チームのリザーブドライバーを務めているパスカル・ウェーレインは、2015年に史上最年少DTMチャンピオンを獲得。

パスカル・ウェーレイン、マノーの早急な決断を願う

2016年1月13日
パスカル・ウェーレイン
パスカル・ウェーレインは、まだマノーからレースシートに関するニュースを聞いておらず、できるだけ早く状況が解決することを願っている。

マノーは、まだ2016年の2つのシートについて発表していない唯一のチームとなっている。

候補にはウィル・スティーブンス、アレキサンダー・ロッシ、そして、ケビン・マグヌッセンが挙げられており、パスカル・ウェーレインのライバルは多い。

パスカル・ウェーレイン、2016年の去就は年明け以降に持ち越し

2015年12月14日
パスカル・ウェーレイン
メルセデスのリザーブドライバーを務めるパスカル・ウェーレインが、2016年にF1でデビューを果たすか、もしくはDTMのタイトル防衛に挑むかは来年まで待たなければならないようだ。

メルセデスのモータースポーツ責任者トト・ヴォルフは、2016年のF1で空席となっている最後の2つのシートのうちのひとつをパスカル・ウェーレイングのために確保するためにマノーのモーナーであるスティーブン・フィッツパトリックと交渉していることを認めている。

パスカル・ウェーレイン 「マノーのシート獲得の可能性はまだ五分五分」

2015年12月12日
パスカル・ウェーレイン
パスカル・ウェーレインは、2016年にF1グリッドの並ぶチャンスはまだ五分五分だと述べた。

メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、新DTMチャンピオンであるパスカル・ウェーレインのレースシートを獲得するためにマノーと交渉しているとし、可能性は五分五分だと述べていた。

パスカル・ウェーレイン、マノーのシート獲得の見込みはなし?

2015年12月3日
パスカル・ウェーレイン
マノーは、2016年も現在のドライバーラインナップを継続するようだ。

最終戦アブダビGPでは、ロベルト・メルヒがマシンに戻ったが、それは新しいレギュラードライバーであるアレキサンダー・ロッシがGP2に参戦したため、その代役を務めたにすぎない。

アレキサンダー・ロッシは「F1にいる実力があることを示せたと思うし、シートを維持することに自信を持っている」とアブダビで述べている。

パスカル・ウェーレイン、GP2のテストに参加

2015年12月2日
パスカル・ウェーレイン
2015年にメルセデスでDTMチャンピオンを獲得したパスカル・ウェーレインが、今週アブダビで開催されるGP2のポストシーズンテストでGP2マシンで初走行することになった。

2010年のポール・ディ・レスタ以来となるメルセデスでDTMでチャンピオンを獲得したドイツ出身のパスカル・ウェーレイン(21歳)は、2016年からメルセデスのエンジンに変更するマノーのF1シート獲得が噂されている。

パスカル・ウェーレイン、2016年のGP2参戦も視野

2015年11月26日
パスカル・ウェーレイン
メルセデスのリザーブ兼テストドライバーを務めるパスカル・ウェーレインは、2016年にマノーのF1シートを獲得することができなければ、GP2でシーズンを過ごすことに前向きな考えを示している。

パスカル・ウェーレインは今年、21歳の若さでDTM(ドイツ ツーリングカー選手権)のチャンピオンを史上最年少で獲得した。

しかし、パスカル・ウェーレインが2016年にF1入りするための選択肢は限られている。

パスカル・ウェーレイン、マノーの決定を待つ

2015年11月3日
パスカル・ウェーレイン
パスカル・ウェーレインは、将来についての良いニュースを待ち続けている。

今年DTMのチャンピオンを獲得したパスカル・ウェーレインは、メルセデスが2016年にマノーのF1シートについて交渉してくれることを願っている。

しかし、2016年からメルセデスとウィリアムズと契約を結んで競争力を高めると注目されているマノーは、チーム代表のジョン・ブース、スポティングディレクターのグレアム・ローデン、そして、技術コンルタントのボブ・ベルの離脱するとされ、リーダーシップの危機が報じられている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム