F1
F1 第2回 バルセロナテストが10日(金)、スペインのカタロニア・サーキットで最終日を迎え、8日間にわたって行われた2017年のプレシーズンテストが終了した。

最終日のトップタイムは、フェラーリのキミ・ライコネが記録した1分18秒634。8日間のプレシーズンテストの最速タイムを更新した。2番手タイムはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)の1分19秒438、3番手にはカルロス・サインツ(トロ・ロッソ)が続いた。

以下6番手のニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)までが1分19秒台を記録するなど、各チームが2017年F1マシンを仕上げてきた。

一方、マクラーレン・ホンダは、最終日も午前中に電気系トラブルが発生。午後にはコースに復帰したが、フェルナンド・アロンソは43周の走行にとどまり、ベストタイムはウルトラソフトで記録した1分21秒389だった。

F1 第2回 バルセロナ合同テスト 最終日 (2017/3/10)

関連:F1 第2回バルセロナテスト 最終日:キミ・ライコネンがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1動画