F1モナコGP セーフティカー
F1モナコGPの最終ラップでミハエル・シューマッハがフェルナンド・アロンソをオーバーテイクした問題は、今年から変更になったセーフティカー・ルールが論点となっている。

2009年まではセーフティカー後の追い越しはコントロールラインまで禁止となっていた。しかし、今年からセーフティカーライン1から追い越しを可能とするように規約が変更された。

ただし、スポーティングレギュレーション第40条13項には「セーフティカーが出動している間にレースが終了する場合、最終ラップの終了時点でセーフティカーはピットレーンに入り、クルマはオーバーテイクをすることなくチェッカーフラッグを受ける」とも記されている。

すなわち、セーフティーカー出動の状態で最終ラップを迎えた場合は、セーフティカーは戻るように決められているということだ。

F1モナコGPでは、74周目にヤルノ・トゥルーリ(ロータス)とカルン・チャンドック(ヒスオアニア・レーシング)がラスカスでクラッシュし、セーフティカーが導入された。そして、最終ラップでセーフティカーがピットレーンに戻った。

その際、FIAは、78周目の序盤に“Safety Car in this lap(セーフティカーはこの周でコースを出る)”と発表した。

これを受けたメルセデス陣営は、セーフティカーライン1からコントロールラインの間でオーバーテイクをしていいと判断し、ミハエル・シューマッハはフェルナンド・アロンソをオーバーテイクした。

メルセデスGP側の言い分は、「セーフティカーライン1を過ぎたところにいたマーシャルたちがグリーンフラッグを振っていた」というものだ。メルセデスGPは、すでにセーフティカーの理由は排除され、セーフティカー導入状態での終了ではなかったと主張。シューマッハのペナルティを不服として控訴した。

しかし、スチュワードの裁定は第40条13項に違反しているとしているため、判定が覆るのは難しいだろう。

関連:
ミハエル・シューマッハに20秒加算ペナルティ (F1モナコGP)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1モナコGP