カルメン・ホルダ
カルメン・ホルダは、現状、F1カーを走らせるという彼女の“夢”の優先順位が下げられていることを認めた。

元GP3ドライバーのカルメン・ホルダは、今年ロータスと開発ドライバー契約を結んだが、その適正については議論を生んできた。カルメン・ホルダは、グランプリに帯同しており、国際映像でも頻繁に映し出されている。

カルメン・ホルダは、今年ロータスのF1マシンをテストするとみられていたが、チームは財政難に陥り、ルノーによる潜在的な買収に合意している。

自身の2015年を評価するよう求められたカルメン・ホルダは「初シーズンですし、ここまでの内容には満足しています」と Marca にコメント。

「ですが、私の夢であるマシンのテストはチームのいくつかの問題によって実現しませんでした。いつになるかはまだわかりません。ですから、シミュレーターでの作業と身体的な準備に集中してきました」

カルメン・ホルダは、実際にF1テスト走行の優先順位が低くなっていることを認めるが、自分がモータースポーツ最高峰でのキャリアを夢見る世界中の女性ドライバーのためのバトンを持っていることに満足していると述べた。

「満足しています」とカルメン・ホルダは主張。「今、チームの問題によって予定されていたことができないように全ては浮き沈みのあるプロセスです」

ルノーによる買収の進捗について質問されたカルメン・ホルダは「私は自分の仕事に集中していますし、毎日エンジニアとそれをこなしています」とコメント。

「マネジメントがチームのためにベストを尽くしていることもわかっていますが、買収は実現しそうです」

「結局のところ、F1チームはビジネスであり、会社が財政的な問題に陥れば、もちろん、それは全員に影響を及ぼします。それでも日本では両方のドライバーがポイントを獲得して、困難にも関わらず、非常に優れた技術チームがいることを示しました」

5年後の自分について質問されたカルメン・ホルダは「私の唯一の焦点は半年から1年でクルマをテストすることです。それしか考えていません」と答えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロータス | カルメン・ホルダ