ショーン・ブラッチス F1
F1の新たなコマーシャル責任者に就任したショーン・ブラッチス、新体制としてのプランを説明した。

元ESPNの役員であるショーン・ブラッチスは、フォーミュラ・ワン・グループの展望と最優先事項について CNN に語った。

「私が集中していくことは4つある」とショーン・ブラッチスはコメント。

「一つ目はブランドだ。どのような企業、ブランド、スポーツであれ、ブランドはエントリーポイントだ。我々はブランドを理解することに取り組んでいく」

「我々はそこを磨き、高めていくつもりだ。そこが我々がやっていくことの中心となっていく。それによって新たなマーケットに入っていけるようになる。スポンサー、権利所有者、プロモーターから商業面であるべきものを市場から得られるようになる」

「二つ目はデジタルだ。デジタルスペースには、現在F1が有しているデジタルプロダクトを再考し、新しい方法でファンをエンゲージし、またスポンサーがそれを活性化するために使用するための大きなチャンスがあると思う」

「三つ目は、我々のパートナー(チーム/スポンサー/プロモーター/権利所有者)へのより民主主義的なアプローチを作り出すことだ。彼らのビジネスにそれを統合するためにF1 IPにテコ入れする多くの機会がある」

「そして、最後はレース経験だ。ファン、観客、テレビ視聴者を繋ぎとめるより良いレース経験を作り出すことには巨大な機会がある」

ショーン・ブラッチスは、F1の成長停滞に関して、商業提案が少ないというチェイス・ケアリーの見方に同調する。

「疑いなく、それは一週おきのスーパーボウルだ。そこが我々の重点になると思う」とショーン・ブラッチスはコメント。

「商業面には機会があると思うし、そこに私が大部分の時間を費やしていくつもりだ。一般的にも現在その重量区分は効果を下回っている」

どれくらい結果を出せていないかとの質問にはショーン・ブラッチスは、具体的なコメントを避けた。

「私の見解があるが、それを共有するつもりはない。我々は、非常に契約志向のプラットフォームから、定例的なビジネス戦略アプローチに焦点を置いた長期的なプラットフォームに方向転換していくつもりだ」

「我々がいる商業的な場所、世界的なブランドとの大きなチャンスがある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: リバティ・メディア