小林可夢偉
小林可夢偉は、2016年12月4日(日)に筑波サーキットで開催された「SPEED×SOUND TROPHY 2016」にて、SF14(SUPER FORMULA)でタイムアタックに挑戦した。

慣熟走行を含む3度のセッションで、2015年に記録した自身のコースレコードを見事に更新。43秒304の“非常識なタイム”を記録してチャレンジを終えた。

チューニングカーのタイムアタックの聖地と言われるコースでいかにコースレコードを記録したのか。

小林可夢偉と脇阪寿一TGRアンバサダーがオンボード映像とともに振り返る。

小林可夢偉×SF14 タイムアタックチャレンジ



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 小林可夢偉 | スーパーフォーミュラ