ハース
ハースは、2016年に走らせるチーム初のF1マシンがFIAの義務的なクラッシュテストに合格したことを明らかにした。

2016年からF1に新規参入するハースは、フェラーリと技術提携を結び、エンジンだけでなく、様々なパーツの供給を受ける。

チームオーナーのジーン・ハースは、2016年までエントリーを延期するという決定により、2016年のF1デビューへの準備に“時間的な余裕”があったと述べていた。

プレシーズンテストを1か月後に控え、ハースはF1マシンがクラッシュテストを通過したことを明らかにした。

ハースはチームの公式Twitterで「FIAのクラッシュテストに合格した。次はカタルニアでのテストだ」と述べた。

昨年末、チームプリシパルのギュンター・シュタイナーは、シーズン開幕戦オーストラリアGPの日程が4月3日から3月20日に早まったことがハースに挑戦をもたらしたと述べていた。

「状況を簡単にするものではないが、我々は心配していない」とギュンター・シュタイナーはコメント。

「全員にとって同じことだ。そうなってしまったし、それに対処する必要がある」

「プロジェクトは重要だ。テストのためにクルマを準備できると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ハース | F1マシン