ミック・シューマッハ
バーニー・エクレストンは、ミハエル・シューマッハの息子であるミックがF1にたどり着くことを願っている。

ミック・シューマッハ(17歳)は、2016年にプレマからドイツとイタリアのF4選手権に参戦して合計10勝を挙げ、両選手権を2位でフィニッシュ。2017年はプレマからF3ヨーロッパ選手権へとステップアップする。

近い将来にF1グリッドに着くミック・シューマッハを見たいかと質問されたバーニー・エクレストンは「彼が父親と同じくらい優れているなら、そうしない理由はないだろう。シューマッハの名が再び我々と共にあるのはF1にとって良いことだろう」と Bild に述べた。

現在レッドブルに所属するマックス・フェルスタッペンを輩出したF3ヨーロッパ選手権は、モータースポーツにおける重要なステップであることを証明してきた。今シーズンからウィリアムズのドライバーを務めるランス・ストロール(18歳)は、2016年にプレマでF3タイトルを獲得している。

ミック・シューマッハがF1に参戦することになれば、父ミハエルとその弟ラルフに次ぐ3人目のシューマッハになる。ラルフ・シューマッハは1997年から2007年までジョーダン、ウィリアムズ、トヨタで戦い、6勝を挙げている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: バーニー・エクレストン | ミック・シューマッハ