2016 F1 アブダビ 決勝
2016 FORMULA 1 ETIHAD AIRWAYS ABU DHABI GRAND PRIX

優勝:ルイス・ハミルトン (メルセデス)
「正直、素晴らしい気分だ。まず何より、僕たちを応援しにきてくれたみんなに心からありがとうを言いたい。今週末は多くのイギリスのファンがきてくれた。本当にありがとう。みんなのことが大好きだ。家族のサポートにも感謝しているし、このような素晴らしい仕事をしてくれたチームには特に感謝している。このチームの一員になれて、今年のような成功を達成できるなんて本当に特権だ。このチームに加わったとき、こんなに多く勝てるとは思っていなかった。このチームと一緒に32勝を挙げた。ここにいるみんなとファクトリーのみんなに心から感謝している。そして、ニコ、おめでとう。もちろん、彼の初のワールドチャンピオンだ。良い仕事をしたね。過去4戦では自分にやれる全てのことをやったし、本当に自分に求められる全てだった。ここを離れて・・・今夜はチームやみんなとお祝いして楽しむつもりだ。もちろん、今年は多くの問題があったし、必然的にそれが僕がこのポジションにいる理由だけど、それでも全ての成功に感謝しているし、僕たちはチームとして浮き沈みを経験した」

2位:ニコ・ロズベルグ (メルセデス)
「これで2人のロズベルグがチャンピオンだ! 本当にスペシャルな気持ちだ。でも、このような経験は当分はしたくないね! マックスとのバトル、最後のプレッシャー、ルイスのスロー運転・・・その間の気持ちは現実とは思えなかった。クレージーだったね。かなり緊迫していたので(忘れるには)時間がかかるだろう。最後の数周、後ろの二人の後ろに落ちてしまったら、終わりだった。楽しいわけないよ! ここまでずっとルイスとレースをしていたように感じる。彼はいつも僕に辛うじて勝っていた。カートに乗っていた小さな頃でさえね。だから、今回はさらに満足している。彼は驚くべきドライバーだし、驚異的なベンチマークだ。彼からチャンピオンを奪い取った。最後はほんの5ポイント差でね。信じられないよ。僕が今いる位置にいるにはメンタルの強さが重要な成分であるのは確かだ。父と母はその大きな一部だ。かなり大きなね。でも、世界中に僕をサポートしてくれる人たちがいる。ルイスの気持ちも理解できる。ワールドチャンピオンシップがかかっているんだからね。僕たちドライバーはそのためにコース上で戦っている。彼が何かトライしたいと思ったことは理解できる。ルイスはすべてのスキルを駆使して完璧にそれをやっていたので、追い抜く方法はなかった。クルマのなかでとても切迫していた。あんな気持ちになったのは初めてだ。今後数日はかなりクレイジーになっているだろうけど、それを楽しみにしている。特別なものになりそうだ。今夜は我を忘れてはしゃぐつもりだよ!」

3位:セバスチャン・ベッテル (フェラーリ)
「今日は僕たちにとって重要なレースだったと思う。最後の数周はスピードもあったし、あと2つポジションを上げたかったね。でも、前にいたクルマもトウが効いていたので、仕掛けるのは難しかった。それでも、チームとして今回の表彰台はふさわしい結果だと思うし、僕たち全員にいくらかの勢いをつけてくれるといいね。多くのアップダウンがあるタフなシーズンだったので、今回の結果には本当に満足している。2016年の全体的なパフォーマンスについては話を作ったり何かをでっち上げたりする必要はない。僕たちはもっと期待していた。前半戦はもっとポイントを取れたはずだけど、僕たちは本当に力強く巻き返せたと思っている。ここ数回のグランプリではレースペースはとても良かったし、常にレッドブルに十分に匹敵できていたし、もしかすると少し速かったかもしれない。でも、土曜日はそうではなかったし、そによって日曜日がより難しくなった。全体的にはチームが持っているスタミナを示せたと思う。このスピリットは不屈だし、フェラーリには復活がふさわしいと思うので、僕たちは必死に頑張っていく。多くのことを学んだし、多くの進歩を遂げた」

4位:マックス・フェルスタッペン (レッドブル)
「自分の結果、レースの内容にはとても満足している。ターン1後に最後尾に落ちた後、自分のやり方で反撃しなければならなかったし、1ストップを貫くことが僕たちにできるベストだったので、それをやってのけることができて満足している。2ストップ戦略のドライバーの方がタイヤの寿命が残っているので、攻撃を受けることはわかっていたし、最後までセブを抑えられたとは思わない。それでも余分にピットストップしたドライバーの前でフィニッシュできたので、結果に満足しなければならない。特に僕たちは1位にとても近いところでフィニッシュしたしね。スタートでの接触でスピンしてしまったのは不運だったけど、ただのレーシングインシデントだし、あのようなことは起こるものだ。ルイスが僕たちを抑えようとしていたけど、僕の同じことをしただろうし、チャンピオンシップに勝つためにはあのようなことにトライすべきだ。チャンピオンシップを5位で終えられてとても嬉しいし、いくつか良い結果も残せた。昨日はあまり満足できていなかったけど、今はいいかたちで締めくくることができた。今年は僕にとって特別なシーズンだったし、来年に本当に興奮している。もっと多くの成功をもたらしたいね」

5位:ダニエル・リカルド (レッドブル)
「5位だったので、あまり落ち込みたくはない。ただ最後に戦略の展開にはフラストレーションを感じている。僕たちはスーパーソフトでスタートしたけど、かなりいい感じだったし、キミにアタックしようとしていた。近づいたのは確かだけど、決めることはできなかったし、それが本当に僕に影響を及ぼした。もう少し長めに走って、1ストップで行くべきだったと思うけど、後から考えて言うのはいつだって簡単だ。マックスがターン1でスピンするのが見えたので、彼はレースから外れたと思った。そのあと1ストップ戦略を採って、表彰台をかけて戦ったんだから彼はよくやったと思う。今日はスーパーソフトが良いタイヤだったけど、2ストップ戦略のせいでうまくいかなかったと感じている。ニコには脱帽だ。ワールドチャンピオンになるのは素晴らしい気分なんだろうね。彼らは最後までお互いにプッシュしていたし、このようなカタチでタイトルが決まるのを見ることできて嬉しいよ」

6位:キミ・ライコネン (フェラーリ)
「僕にとっては楽なレースではなかった。クルマは悪くなかったけど、僕はタイヤを持たせるのに苦労した。ずっとフロントを生かしておくことにトライしていた。スタート後は良いポジションにいたけど、1セット目のソフトで苦しんだ。スティントの終わりには戻ってきて改善したけど、ポジションを失い続けた。セブが近づいてきた時は、彼が違う戦略なのを知っていたから先に行かせた。本当にトリッキーな一年だったし、チームの望んでいたものとはほど遠かったけど、最近はうまくいっていたし、僕たちは正しいことをやっている。今後もこのやり方を続けて、来年の新しいマシンでは自分たちが望んでる位置にいたい」

7位:ニコ・ヒュルケンベルグ (フォース・インディア)
「実際のところは、非常にシンプルで孤独なレースだったし、トップ6のマシンにはまったく手が届かなかったので、主にチームメイトとレースをしていた。ターン1はかなり面白かったね。マックスにぶつけられてフロアにダメージを負って、ちょっと難しい状況になってしまった。幸いなことにポジションを維持できるペースがあったし、結果を持ち帰ることができた。フォース・インディアでの僕の時間を強力な結果で締めくくり、チームがチャンピオンシップ4位になるのを手助けができてとても嬉しい。全員がお祝いに相応しいし、今年の信じられないくらいの仕事は称賛に値する。たくさんの幸せな思い出を胸にこのチームを離れるし、フォース・インディアはいつだって僕の人生の一部だ。ここで本当にたくさんのことを学んだし、彼らは僕をより優れたレーシングドライバーにしてくれた。僕らは一緒に成長してきた。僕たちが達成したものを誇りに思っている」

8位:セルジオ・ペレス (フォース・インディア)
「自分のレースに満足している。スタートした位置でフィニッシュしたし、その大部分は静かなレースだったけれど、フェリペ(マッサ)をかさわなければならなかった最後の数ラップはちょっと緊迫した。スティントの序盤から本当にハードにプッシュして、ニコとのギャップを縮めようとしていたけど、結局は彼のすぐ後ろで終わった。ポイントを獲得してシーズンを終え、良い結果で信じられないくらいの一年を締めくくることができて本当に嬉しかった。これでセッションは終わったし、メキシコに戻って休みを楽しみたい。長くて激しい一年だったので、友人たちや家族と一緒に一息入れるのを楽しみにしている。僕たちが今年達成したことを思いながら、ハッピーな休日になりそうだ。ちょっとリラックスしたら、2017年に向けて仕事戻るつもりだ!」

9位:フェリペ・マッサ (ウィリアムズ)
「F1キャリアの最初のラップを戦ったとの同じやり方でレースの最後のラップまで戦えたことを本当に誇りに思うよ! みんなにありがとうと言いたい。ずっと一緒にいて、一緒にレースをしてくれたみんなにね。ファン、そして、ウィリアムズにありがとう。今後もサポートし続けるよ! 僕が通ってきた全ての一部だったみんなにありがとう。キャリアを始めたときと同じように、胸を張ってキャリアを終えることができた。クルマにも余計に気をつけていたよ。これから自分のクルマになるからね。改めて、素晴らしい贈り物をウィリアムズにありがとう!」

10位:フェルナンド・アロンソ (マクラーレン・ホンダ)
「今日はいい内容で楽しかったものの、難しいレースでもあった。フォース・インディアとウィリアムズのマシンに対して僕ができることは、あまりなかった。それでも最終ラップまで戦って、かなり近いところまで差を詰めることができた。だから、今日獲得したポイントには満足しているし、コンストラクター選手権とドライバー選手権で自分たちの順位を死守できたことをうれしく思う。全体的に、今シーズンは前向きな一年だった。2015年に比べて飛躍的な進化を遂げることができた。ただ、僕たちはワールドチャンピオンシップで優勝したい。それを達成するには、まだ長い道のりが待っている。これから長い冬が待っているので、その間に最大限の努力をして、オーストラリアには、より競争力のあるマシンを持ち込めるようにしたい。ジェンソンの最後のレースが、序盤で終わってしまったことは残念だ。ただ、ジェンソンは来年もチームに残るし、彼は新しい役割を担う中で僕たちにとって大きな財産となるだろう」

関連:【動画】 2016 F1アブダビGP 決勝ハイライト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1ドライバー