角田裕毅 「リラックスできるようになってF1ドライバーとして向上した」
角田裕毅は、2022年シーズンを通じてドライバーとして成長するためにフィジカル面とメンタル面な改善が重要でだったと考えており、各レース週末でより「リラックスした」考え方を取り入れている。

角田裕毅は2021年にアルファタウリで複雑のデビューシーズンを経験した。時折ペースを垣間見せたものの、ミス、無線での爆発、フィットネス面の奮闘を伴い、コース内外でのルーチンの変化につながった。

角田裕毅のチームメイトであるピエール・ガスリーは、F1での2年目に著しく落ち着きをみせた角田裕毅が「大幅に改善した」と宣言し、2023年にさらに進歩することを示唆している。

2年目のF1シーズンで進歩したと感じている分野は何かと質問された角田裕毅は「フィジカル面、メンタル面、ドライビング面。全体的にかなり満足しています」と答えた。

特に今はレースウィーク、特に木曜日、金曜日にリラックスしています。昨年はアプローチ方法がわからなかったので、一貫してストレスを感じていましたし、すべてを焦っていました。

「そのせいで少しストレスがたまり、フラストレーションを抱え、自分で少し難しくしていました」

「でも、今はリラックスできているし、どんな状況にも適応できるようになりました。だから、自信を感じたり、良い自信を持てたり、予期していなかったようなことが起こったりしても、それに対応する方法を知っています」

「全体として、今年はレースごとに進歩したことにとても満足しています。この勢いを続けられるか、それ以上のものを期待しています。来年もそうです」

F1ドライバーたちが冬休みに向かう中、角田裕毅は来シーズンのオフシーズンに向けて今年と同じアプローチをとることを計画していると説明し、ほとんどの時間をヨーロッパで過ごし、日本の料理への愛について冗談を言った。

今年の冬は日本に戻ってファンともう少し時間を過ごす予定はあるかと質問された角田裕毅は「いいえ、現在、ヨーロッパで少し計画を立てています」とコメント。

「日本に戻りますが、おそらく去年と同じくらい短いと思ます。その後、ヨーロッパに戻り、去年や今年のシーズンの初めのようにトレーニングをしていきます」

「日本であまり長くステイするつもりはありません。そうしないと、本当に太ってしまいますからね!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / アルファタウリ