角田裕毅 「バランスは改善したがまだパフォーマンス不足」 / F1アブダビGP 金曜フリー走行
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1アブダビGP初日のフリー走行を15番手で終えた。

「FP1ではバランスにかなり苦労しました。たくさんの若いドライバーがコース上にいたため、少し変わったセッションでした。13番手は紙の上ではそれほど良く見えませんが、通常のセッションよりもタイムシートの上位でした」と角田裕毅はコメント。

「FP2に向けて、バランスが良くなったと感じたし、クルマの中でより快適でしたが、まだ多くのパフォーマンスが不足しています」

「今週末にポイントを獲得できるようにするには、今夜やるべきことがたくさんありますが、まだもう1回プラクティスセッションが残っています」

「予選に向けて微調整を試みますが、今日のロングランのペースは問題ないように見えたので、レースでは強いことを願っています」

角田裕毅 スクーデリア・アルファタウリ F1 アブダビグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / F1アブダビGP / アルファタウリ