角田裕毅 13番手 「Q2進出は難しいと予想していたので結果には納得」 / スクーデリア・アルファタウリ F1イギリスGP 予選
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第10戦イギリスグランプリの予選を13番手で終えた。

最終プラクティスを17番手で終えていた角田裕毅はQ1落ちを覚悟していたと語る。車はドライを想定していセットアップしているので、決勝はドライで行われることを期待しているという。

「フリープラクティスのパフォーマンスを考えると、Q2に進出するのが難しくなることは分かっていました。ですので、この結果には納得しています」と角田裕毅はコメント。

「厳しいコンディションでしたが、終わり方は良かったです。ここまでのレースウィークエンドを考えると、かなりポジティブな内容だったと思います」

「僕のマシンのセットアップはドライ向きなので、明日の決勝レースは雨が降らないことを願っています」

「雨が降らなければ、上手くまとめてポイントを狙えるでしょう。決勝レースが楽しみです。難しい展開になると思いますが、それでもチャンスはあると思います」

角田裕毅 スクーデリア・アルファタウリ F1 イギリスグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / F1イギリスGP / アルファタウリ