角田裕毅、痛恨のクラッシュリタイア「チームの皆に謝りました」 / スクーデリア・アルファタウリ F1カナダGP 決勝
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第9戦カナダグランプリの決勝をリタイアで終えた。

PU交換ペナルティによって最後尾グリッドからスタートした角田裕毅は、トップ10入りを目指すDRSトレインのなかでレースを進める。しかし、49周目のピットアウト直後にターン2でコントロールを失い、そのままバリアに突っ込んだ。

「ガレージに行って、チームの皆に謝りました」と角田裕毅はコメント。

「ピットの出口でプッシュしすぎたために、残念ながら壁にクラッシュしてしまいました。今日はペースが良かったですし、オーバーテイクは難しくとも、力強く巻き返せていたので、この結末をとても残念に思っています」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / F1カナダGP / アルファタウリ