角田裕毅 「2回目のモナコはQ3に進出してポイントを獲得することが目標」 / スクーデリア・アルファタウリ F1モナコGP プレビュー
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)が、2022年F1第7戦モナコグランプリへの意気込みを語った。

バルセロナでは厳しい週末を過ごしつつも10位入賞を果たして1ポイントを手にした角田裕毅。昨年のモナコではFP2でクラッシュを喫して走行時間を失い、予選はQ1敗退で16番手。セーティカーのないレースで順位を上げることができず16位でフィニッシュした。

2回目のモナコGPとなる今年は、昨年の反省点を生かしてスピードを上げて生きたいと語る。

「スペインは厳しい週末でした。あまり思い通りに車を機能させることができず、ペースはそこにありませんでした」と角田裕毅はバルセロナでの週末を振り返った。

「予選では、車を最大限に活用できたと思いますが、十分ではありませんでした。レースは日曜日の長くて暑い午後だったので、1ポイントを獲得できてとても嬉しかったですが、それは僕たちが望んでいる場所ではなく、今はモナコでもっと良い時間を過ごせることを願っています」

「昨年、最初のモナコの週末は非常に困難で、理想的ではなかったことを覚えています。 Q1を抜けることができず、16位からスタートしました。2回目の訪問となる今回は、セッション全体のスピードを上げて集中力を維持する方法についてより良いアイデアを持っていますし、Q3に進み、いくつかのポイントを獲得することが目標です」

「トラックは非常にユニークであり、このトラックではエラーがはるかに高くつくため、ミスをして走行時間を失うわけにはいきません。しかし、他のレースと比べて週末へのアプローチを大きく変えるつもりはありません。実際、今年の新しいフォーマットでは、他のすべてのレースと同様に金曜日から日曜日までイベントが開催されるため、集中力を維持し、勢いを維持しやすくなるはずです」

「このレースでは予選と良いグリッドポジションを獲得することが非常に重要であるため、シングルラップのパフォーマンスに重点を置く必要があります。モナコは素晴らしい伝統的なサーキットの1つであり、他のトラックと比較することはできません。たとえレースが現代のトラックとは非常に異なっているように見えることがあるとしても、それは決して退屈ではありません。オーバーテイクは難しいですが、全般的にとてもエキサイティングなイベントです」

角田裕毅(スクーデリア・アルファアウリ) F1 モナコグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / F1モナコGP / アルファタウリ