角田裕毅、Q2敗退13番手 「Q3に到達するのは難しいと考えていた」 / スクーデリア・アルファタウリ F1 スペイングランプリ 予選
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの予選を13番手で終えた。

初日から車と格闘していた角田裕毅は、土曜日のFP3でも上位に進出することはできていなかった。Q1をギリギリのタイミングで突破した角田裕毅だったが、Q2で敗退し、明日の決勝は13番グリッドからスタートする。

「今日は車から最大限を引き出したと思うので、満足しなければなりません」と角田裕毅はコメント。

「特にマイアミと比べて、ここバルセロナではペースに苦労していて、FP1から後手に回っていました。そのため、序盤からQ3に到達するのは難しいだろうと考えていました」

「チームにとってこれまでのところ最高の週末ではありませんでしたが、明日のレースに向けてすべてをまとめることを願っています」

角田裕毅 スクーデリア・アルファタウリ F1 スペイングランプリ 予選

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / F1スペインGP / アルファタウリ