角田裕毅 「マイアミのセクター3は“フォーミュラEセクター”」 / スクーデリア・アルファタウリ F1 マイアミGP プレビュー
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)が、2022年F1第5戦マイアミGPへの意気込みを語った。

前戦エミリア・ロマーニャGPでは、いくつか素晴らしいオーバーテイクを見せて7位入賞を果たした角田裕毅。マイアミGPでも、イモラと同じようなロングランペースがあれば、戦うことができると自信をみせる。

「最終的なレース結果に非常に満足してはいますが、イモラは全体的に困難な週末でした」と角田裕毅は振り返る。

「予選がうまくいかず、車にはポテンシャルはあったものの、すべてをまとめることはできませんでした。ですから、理想的なスタートではありませんでしたが、スプリントでなんとか4つポジションを上げることができて良かったです。日曜日もオープニングラップで順位を上げ、7位でポイントを獲得し、いくつかの良いバトルを楽しみました。これは、チームが今年これまでの4レースすべてでポイントを獲得した3レースのうちの1つです。これまでのF1キャリアで最高のレースの1つだったと思います」

「マイアミは新しいサーキットですが、学ぶために3回の完全なフリープラクティスセッションがあります。シミュレーターでトラックを運転しましたが、最初の2つのセクターは非常に高速で、中高速のコーナーがあります。セクター3は非常にタイトなコーナーがたくさんあって『フォーミュラEセクター』と呼んでいます。全体的に見てドライブするのが非常に面白いトラックだと思います。オーバーテイクは難しいかもしれませんが、楽しいと思うし、予選をしっかりとやる必要があります」

「イモラと同じかそれ以上のロングランペースがあれば、完璧でしょうね。トラックは完全に新しいので、フリープラクティスセッションは誰にとっても非常に重要です。したがって、金曜日にはデータ収集が最も重要になります」

「アメリカのレースは、常に周りで多くのことが行われます。彼らはすべてのメジャースポーツに関連した大きなショーを開催するのが好きです。楽しいと思いますが、自分の仕事に集中するつもりです」

「週末が忙しくなる前に少し前に楽しむ機会がありました。早めにニューヨークに早く行ってボクシングの試合観戦しましたが、新しい経験でした。初めてニューヨークを訪れたので、とても楽しかったです」

角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ) F1 マイアミGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / アルファタウリ / F1マイアミGP