アルファタウリF1の角田裕毅、オフシーズンは“禁酒”で肉体改善
アルファタウリF1の角田裕毅は、2022年シーズンに戻るまでビールを我慢し、肉体改善に取り組んでいくと語る。

今年、7年ぶりの日本人F1ドライバーとしてアルファタウリ・ホンダからF1デビューした角田裕毅は、シーズンの大部分でチームメイトのピエール・ガスリーのパフォーマンスに匹敵することができず、いくつか高価なクラッシュを伴う厳しいデビューシーズンとなった。

だが、角田裕毅は、最終戦F1アブダビGPでは予選で初めてピエール・ガスリーを上回り、自己ベストとなる4位フィニッシュを果たす好調な週末を過ごしてシーズンを締めくくった。

角田裕毅は、シーズン中から肉体面を改善する必要があると話しており、シーズン終盤の勢いを失わずに最下位するためには、オフシーズンの肉体改善が焦点になる。

食通の角田裕毅は、オフシーズンに日本に帰ることを楽しいにしているが、シーズンに向けて体調を整えることに全力を注いでいるので、ビールは控えると語る。

「まず日本に戻って充電するつもりです。2月以来、日本に帰っていません。本当に日本食が恋しいです。だから、まずはそこを充電する必要があります」と角田裕毅はFormula1.comに語った。

「でも、同時に、もちろん、自分自身を改善する必要がある。特にフィットネス面はそうですね。だから、もちろん、自分自身を向上させるためにそれらのことをプッシュして、2022年のバーレーンでの開幕戦でも良いスタートを切りたいと思っています」

「それはオフシーズンの過ごし方になると思います。完全に休んだり、ビールを飲んだりするようなことはしません。オフシーズンは厳しいものになると思いますが、良いスタートを切るにはそういったことが必要です」

角田裕毅の仕事収めは、ヤス・マリーナ・サーキットでのポストシーズンテストでの18インチタイヤのテストとなった。

角田裕毅は、2020年のF2で18インチタイヤを運転したときとに類似したフィーリングだったと語り、それが来シーズンのF1で有利に働くことを望んでいる。

「もちろん、テストのマシンは来年のマシンと同じではありません。それがどうなるかはわかりませんが、タイヤに関しては、F2で18インチタイヤをすでに経験しています。非常に似ていると感じています」と角田裕毅は説明した。

「来年、F2での経験を生かせるのはいいことなので、とても楽しみにしています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / アルファタウリ