角田裕毅 「ルイス・ハミルトンの後ろを走って多くのことを学んだ」 アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1トルコGPでのルイス・ハミルトンとの戦いから「多くのことを学んだ」と語る。

ルイス・ハミルトンがPU交換ペナルティで11番グリッドからのスタートを余儀なくされたF1トルコGPで、角田裕毅はチームホンダとしてマックス・フェルスタッペンをサポートするべく、8周目までハミルトンを抑え込んだ。

ルイス・ハミルトンとのバトルを振り返り、角田裕毅は「とても楽しかったです。特に彼をブロックしたり、8周の間彼を抑えたりできるとは思っていませんでした。そこは良かった。その後、最終的にはスピンしてしました。でも、それまでは本当に楽しかったです」

角田裕毅は、ルイス・ハミルトンと戦っているときのドライビングだけでなく、抜かれた後に後ろを走っていることから学ぶことができたと語る。

「そして、彼は抜いた後、ギャップを非常に速くかったので、多くを見ることができませんでしたが、彼がどのようにオーバーテイクしたか・・・彼がどのように異なるラインを取り、僕を追い抜こうとしたかなど・・・彼から多くのことを学ぶことができました。僕は彼の前にいましたが、彼からいくつかのことを学びました」と角田裕毅は説明した。

アルファタウリ・ホンダは、コンストラクターズ選手権で5位のアルピーヌと接戦を繰り広げており、2つのチームをわずか12ポイントだ。

だが、角田裕毅は、2021年のアルファタウリ・ホンダの92ポイントのうち18ポイントしか獲得しておらず、パフォーマンスへのプレッシャーを感じていると認める。

「チームのプレッシャーではないですが、僕にとってポイントを獲得することはプレッシャーです。この時点で、彼らは僕にドライビングとレースウィークの進行により集中することを望んでいます」

「僕たちがレースする予定のトラックのほとんどは、新しいトラックになるでしょう。すでに運転したことあるトラックはアブダビだけです。。もちろん、僕として、僕たちが目指しているコンストラクター5位になるためにチームを助けたいです」

「僕たちには良いマシンがあり、良いメカニックがいる良いチームだと思うので、チャンピオンシップで5位になることができると確信しています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / アルファタウリ