角田裕毅 、見せ場なく17位「レース全体でバランスとペースに苦労した」 F1ロシアGP 決勝
アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、2021年F1ロシアGPの決勝を17位で終えた。

ホンダF1パワーユニット勢では唯一ミディアムタイヤでスタートした角田裕毅だったが、スタート直後のターン2で膨らんでポジションを最後尾まで落としてしまう。

13周目を終えて最初のピットインを行ってハードタイヤへと交換した角田裕毅だが、その後もポジションを上げることができず。

雨粒が落ち始めたタイミングでソフトタイヤを履いたが、雨脚が強まったために2周後に再度ピットストップを行い、インターミディエイトに交換。17位でレースを終えた。

「とても残念な一日になりました」と角田裕毅はコメント。

「レースウイークを通じてマシンバランスに苦しんでいましたが、それは今日のレースでも同様で、特に1周目はコース上にマシンを留めるのも大変でした」

「再びポイント獲得を目指すために、今週末を終えてリセットし、自分のパフォーマンスのベースラインを見直す必要があります」

また、レース後のインタビューでは「1周目に最後尾に落ち、バランスに苦労しました。コース上に留まっていることさえ本当に難しかったです」とコメント。

「ポジショニングも悪かったし、そこから多くの改善を果たせましたが、レース全体でバランスに苦労しましたし、走行全体でペースがありませんでした」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / F1ロシアGP / アルファタウリ