角田裕毅、PUのデータ異常でリタイア「かなり上手くいっていた」 / アルファタウリ・ホンダ F1オランダGP 決勝
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、2021年F1オランダGPの決勝をPUトラブルによってリタイアで終えた。しかし、PUにデータ異常が見つかり、12番手を走行していた31周目にピットに戻ってそのままリタイアとなった。

初のザントフォールとなった角田裕毅だが、クラッシュすることはなく、走行時間を最大限に活かし、FP2では30ラップ、FP3では29ラップと最多周回を重ね、徐々にペースを上げていく粘り強いアプローチをみせた。

「今日の結果はとても残念です」と角田裕毅はコメント。

「PUのデータに異常が見られ、リタイアせざるを得ませんでした。そこまでレースはかなり上手くいっていて、マシンのペースもよかったのですが、オーバーテイクは難しかったです」

「今は、モンツァを楽しみにしています。これまでいい経験ができているサーキットですが、今週末と同様のアプローチを取り、徐々にペースを上げていきます。来週こそ全力が出せればと思います」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / F1オランダGP / アルファタウリ