アルファタウリ・ホンダF1代表 「角田裕毅は素晴らしい才能の持ち主」
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、角田裕毅のF1アゼルバイジャンGPの週末を称賛した。

角田裕毅は、初体験のバクー市街地サーキットで予選自己最高位となる7番グリッドを獲得。最終的にランド・ノリスのグリッドペナルティのおかげで6番グリッドからレースをスタートした。

終盤の2周で角田裕毅はランド・ノリスとフェルナンド・アロンソに順位を奪われたものの、レースを7位で終え、シーズンのベストリザルトを残した。

「裕毅は素晴らしい仕事をしたと言わなければならない」とフランツ・トストは語った。

「オーケー、彼は予選で小さなアクシデントに見舞われたが、それは予選Q3でのことであり、起こりうることだ。より経験豊富なドライバーにも起こったことだ。そして、彼のレースペースは時々信じられないものだった。彼は本当に速かったし、何かが起こるのではないかと本当に心配していた」

「彼は非常に良い方向に進んでおり、特に彼が知っているレーストラックで、もう少し経験を積むシーズンの後半に良い結果を出してくれると思う」

「バクーが初めてだったことを忘れてはならない。もちろんバーレーンでは9位で2ポイントを獲得したが、彼はF2でトラックをよく知っていたし、我々はそこでテストを行っていたので、良いセットアップを見つけることができた。しかし、我々ががここバクーに来た時、彼はトラックを知らなかった。彼はすぐにそれに慣れ、7位からスタートし、7位でフィニッシュした」

「私にとって、彼の仕事は本当に素晴らしいもので、素晴らしいパフォーマンスだった。いくつかのことに取り組まなければならないことは分かっているが、彼は素晴らしい才能を持っているので、すべてをまとめることができると確信している」

F1で最高の週末を過ごしたにもかかわらず、角田裕毅はレースの最後に2つのポジションを失ったことに満足していない。

「赤旗まではかなり良かったんですけどね」と角田裕毅はレース後にバクーのパドックで語った。

「でも、リスタート後、スタートは大丈夫だったんですが・・・ベストを尽くしましたし、アグレッシブに行ったんですけど、正直に言うと、2つの順位を落とすことを避けることができませんでした」

「どうやってそれらを回避していいの分かりませんでいた。でも、3位表彰台を獲得したチームメイトを祝福したいです」

「全体として、レースからポジティブなものを得ることができる思います。間違いなく多くのポジティブな点がありました、僕としては、今は、最終ラップに本当に腹が立っています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / アルファタウリ