F1特集:角田裕毅がアルファタウリ・ホンダF1から称賛されている理由
角田裕毅は、日本だけでなく、世界中からF1ファンから注目を集めている。今年、アルファタウリ・ホンダでF1デビューを果たす角田裕毅は、FIA-F3とFIA-F2でそれぞれわずか1年を費やしただけでF1へとステップアップ。そして、デビュー前からすでにスクーデリア・アルファタウリのチームメンバーに感銘を与えている。

角田裕毅は、ジュニアランクからF1へと非常に迅速にステップアップしてため、通常のFP1セッションやグランプリ週末にチームに帯同するなどの見習い期間がなかった。

したがって、角田裕毅は、急な学習曲線に直面している。2021年F1マシンでの走行機会は、同じようにFIA-F2からステップアップするミック・シューマッハとニキータ・マゼピンと同じように、バーレーンでの開幕戦までの1日半のテストと少しのフィルミングデーしかない。

さらに厄介なことに、今年は角田裕毅にとってヨーロッパでのわずか3年目であるため、まだ学ばなければならないコースがたくさんある。だが、角田裕毅のアルファタウリ・ホンダF1との短い時間は、彼の周りの人々に大きな印象を与えた。

すでに角田裕毅は、アルファタウリ・ホンダF1の全員に大きな印象を与えており、チームの信頼を勝ち取っている。

「彼の年齢を考れば、彼は自分のしていることに非常に集中していると思う」とアルファタウリ・ホンダF1のチームマネージャーを務めるグラハム・ワトソンは語る。

「そして、彼は自分に多くの自信を持っている。それは良いことだ。最初に彼に会ったとき、彼は小さな男の子だと思っていたが、実際には彼は本当に自分にそれなりの自信を持っている。傲慢ではなく、彼を信じるには十分だ。彼がそれをやり遂げるにつれて、彼を信じるようになる」

「先日、彼はジャーナリストから『2021年のあなたの計画は?』と聞かれ、 『ガスリーを倒すこと!』と言っていたのを知っている。それが彼の態度なら、彼を批判することはできない。最終的に、みんなが言うように、ドライバーはチームメイトで判断される。彼は仕事をしなければならない。確かに、途中でいくつか楽しいことがあると思う。若手は常に最初の大きな事故などを起こしていまうものだ。しかし、彼には確かに才能がある。それは間違いない」

「フランツ・トストは彼の大ファンであり、ドライバーに関して言えば、彼は彼が何について話しているかを知っている。彼は裕毅が仕事をする能力を持っていることをすぐに見抜いた。我々は、彼がマシンの乗るたびにグッドでポジティブな兆候を目にしている」

2021年のプレシーズンテストが3日間に制限されていることで、ルーキーにとっては厳しいシーズンとなる。新車での走行不足を補うために、アルファタウリ・ホンダF1は、複数回のプライベートテストを実施して、角田裕毅がマシンとチームに素早く順応する手助けをしている。

それは、アルファタウリ・ホンダF1が2年前のマシンを出動させ、FIA規則が許可する無制限のテストマイレージを利用できるようになったことで実現した。現行マシンでのテストが厳しく制限されている近年、旧型車でのテストは、チームが若手ドライバーに走行時間を与えるための日常的な方法となっている。

ルノーとフェラーリは、アカデミードライバーのミック・シューマッハを含め、それぞれの若手ドライバーとともにこの分野で非常に活発に活動している。一方、ニキータ・マゼピンは、古いメルセデスのF1マシンを使って世界中で大希望なプライベートテストを実施。その手法は以前にウィリアムズでランス・ストロールも行ってきた。

近年、スクーデリア・アルファタウリは、エンジンサプラヤーを定期的に変更していたため、若手ドライバーにそのような走行機会を与えることができていなかった。

2013年から2017年までの5シーズンで、当時のトロロッソは、フェラーリ、ルノー、フェラーリ、ルノーにエンジンの変更を繰り返したが、、2018年からホンダのワークスパートナとなった。その時点でチームは2年前の車を走らせることができなかった。適切なパワーユニットにアクセスできないためだ。

それは2020年にようやく変わり、2018年に最初のホンダを搭載したトロロッソ STR13が対象になった。トロロッソ STR13は、昨シーズンの開幕が遅れている間に、ピエール・ガスリーとダニール・クビアトがスピードを上げるのを助けるために最初に使用され、その後、角田裕毅によって定期的に使用されている。

「チームとして、我々は初めて以前のマシンを使う機会を得た」とグラハム・ワトソンは説明する。

「通常、パワーユニットは隔年で交換している。ホンダとの安定性のおかげで、実際に2年前のPUを搭載したマシンを走らせることができた。我々にとってそれは非常にうまくいった。そして、それはサーキットを本気で攻めることができるマシンに裕毅を乗せる機会を与えてくれた」

「我々は明らかに祐樹の成功を望んでいる。彼は非常に才能があると感じている。彼はヨーロッパでのレースをあまり行っていないが、それでも彼はF3でかなり強く、昨年のF2でシューマッハとマゼピンに対して本領を発揮する。だから、彼はチャンスに値すると思う」

角田裕毅は、昨年のF1エミリア・ロマーニャGPの翌週に、イモラで塗り替えられたトロロッソで最初のF1走行を故なった。その後、12月のアブダビテストで2020年のAT01で公式セッションに参加した後、今月初めに古いマシン(現在は2019年仕様のトロロッソにアップグレード)で4日間にわたってさらにマイルを記録した。

2018年と2019年仕様のパワーユニットの準備と走行にはホンダF1の多大な努力が必要であり、それが行われたという事実は、角田裕毅に対するホンダF1の期待と信頼の表れでもある。

「我々はイモラで2日間、次にミサノで2日間過ごした」とグラハム・ワトソンは語る。

「幸いなことに、我々は青い空と少しの風で4日間の走行を行うことができた。我々は弾丸をかわしたようだ! 彼は最初のグランプリに到達したときに準備が整っていると思う。2月23~25日にイモラでさらに3日間のテスト開催する。しかし、ピエール(ガスリー)にもチャンスを与えるために、祐樹とピエールとで分割することになる」

アルファタウリ・ホンダF1は、各走行で角田裕毅の着実な進歩を目にしてきた。

「本当に、ステアリングホイールのすべての複雑さとエンジニアリング側の他のすべてを理解するチャンスはほんの数マイルだけだった」とグラハム・ワトソンは続ける。

「彼は本当に成長しており、アブダビ以来、彼に大きな変化を見てきた。アブダビで彼は良い仕事をしたが、マシンに戻るたびに、彼はますます成熟し、理解が深まっている。ご想像のとおり、彼はまだ20歳の若い男だ。実際、彼は我々のために非常に良い仕事をしてくれた。そして、バーレーンでのテストに参加したとき、彼はおそらく多くのシーズンで最大のマイレージを稼いだルーキーになるだろう」

貸し切りのトラックでの丸一日のテストにより、アルファタウリ・ホンダF1は、通常は不可能な走行プランを角田裕毅に経験させることができた。

「人々がこれらのことを行っているスピードを十分に理解できるとは思わない」とグラハム・ワトソンは語る。

「エンジニアがあなたの耳に、スイッチを変更しろ、これをデフォルトにしろ、それをデフォルトにしろと叫んでいる。基本的に、我々は彼に多くの不必要な変更を浴びせた。必要になったときに、それに対処する機会を与えるトレーニングとしてね」

「それに加えて、いくつかの異なるスプリングとバー、車高とダウンフォースのレベルを試す機会を彼に与えたことで、彼は実際のマシンの良い感触を得ることができた。感じるべきではない方法ではなく、どのように感じるべきかを知ることができた。この以前のマシンでそれができるのは贅沢なことだだ。なぜなら、多くの若手が最初のレースでおそらくシューマッハのような状態で現れるからだ。彼は先日フェラーリで走ったが、彼の経験は祐樹に比べてかなり小さい」

「それは祐樹にとってはメリットであるだけでなく、我々にとっても大きなメリットだ。彼に良い経験を与え、彼が我々に話すことへの信頼のラインを作り出すだらだ。逆に、我々が彼に話していることも同様だ」

F1タイヤに慣れることは、ルーキーにとっての主な課題の1つだ。2年前のマシンでの走行では、本格的なピレリのレース用タイヤを使用することはできないが、それでも教育には役立つ。

「最大のパフォーマンス上の利点の1つは、タイヤを理解することだ」とグラハム・ワトソンは語る。

「若手たちがF1にやってくると、通常、最初の数周でタイヤを燃やしてしまい、新しいセットを求めて叫んでいるのを目にする。だから、その部分でも非常に価値がある」

「タイヤはレース用タイヤではないが、それでもピレリ製品であり、タイヤを生かす方法、タイヤを破壊せずに最大限に活用する方法について理解する機会を彼に与えてくれる。したがって、それは良いトレーニングの場でもある。昨年のF2で気付いたのは、おそらく彼は予選でラップタイムを見つけることができた数少ないドライバーの一人だったということだ。彼の直接のライバルは常にそれができるとは限らなかったと思う」

「私は間違っているかもしれないが、彼は0.2秒を見つけなければならなかった場合にそれができていたように感じた。チャンピオンシップを争っていた男たちは決してそのレベルにはいなかった。そしてそれは我々がF1カーでも彼に見えているものだ。彼はタイムを見つける場所を知っている。これは良い兆候だ」

角田裕毅は、イタリア・ファエンツァのアルファタウリ・ホンダF1のファクトリー近くに恒久的な家を探しているわけではないが、ここ数週間イタリアで多くの時間を過ごきた。また彼は新しい理学療法との仲も深めている。

「ファエンツァにはホテルのあるゴルフコースがあり、そこに彼を止めている」とグラハム・ワトソンは語った。

「とても素敵なホテルだが、彼は退屈していると思う。彼は理学療法は彼と一緒にいる。昨年、ダニール(クビアト)と一緒だったノエル・キャロルだ。これは新しい関係だが、とてもうまくいっているようだ」

「祐樹がジムの大ファンではないことは知っている、自分でそう言っていたしね! 残念ながら、それは仕事の一部であり、彼はそれに対処している。彼は一生懸命にプッシュしているし、頑張っている。そして、彼らは基本的に、ファクトリーの敷地内にあるジムを使用して、1日3~4時間のトレーニングを行い、ホテルに滞在している」

「彼にとっての長期的な計画は、(レッドブル・レーシングのファクトリーがある)ミルトンキーンズに住み、シミュレーターの近くにいて、それを使用できるようにすることだと思う。そうすれば、彼は英国に出入りすることができる。最近はシミュレーター以外でドライバーがファクトリーで過ごす必要はほとんどないので、できるだけ近くにいるのは理にかなっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / アルファタウリ