角田裕毅、アルファタウリ・ホンダF1の旧型マシンでさらにテスト
アルファタウリ・ホンダF1は、2021年のF1世界選手権に先立って、ルーキーの角田裕毅のためにテストを計画。旧型マシンでイモラで走行機会を与える。

2021年のF1世界選手権は、公式プレシーズンテストが3日間に短縮され、各ドライバーは1日半しか新車で走る機会がない。そのため角田裕毅のようなルーキーやチームを移籍したドライバーにとっては困難となる。

したがって、アルファタウリ・ホンダF1は、角田裕毅のためにイモラで旧型マシンを使用したテストを計画している。報道によると、旧型マシンを使用したテストとフィルミングデーを使用した新車の2つの機会が与えられるという。

1回目のテストは来週(1月27日〜28日)実施され、角田裕毅がビルドアッププログラムの一環として走行距離を伸ばすために、古いスペックのマシンで走る予定。そこではチームメイトのピエール・ガスリーもある程度のマイレージを得る可能性がある。

その後、チームは2月23日から25日の間に2回目の走行のためにイモラに戻る予定。これには、2021年の新車のフィルミングデーが含まれる可能性がある。

チームは公式テストの3日間に制限されていますが、ルールでは、新車を走らせることができる2日間の「プロモーションイベント」が許可されている。これらのテストは最大100kmに制限されており、チームはこの評価に特別な撮影日用タイヤのみを使用できる。

アルファタウリ・ホンダF1は、F1レギュレーションで開発トークンを使用せずにアップグレードすることが許可されているにも関わらず、2021年F1マシンのリアエンドをレッドブル・レーシングの昨年マシン『RB16』のものにアップグレードしないことを決定。AT01のリアエンドをそのまま使用し、2つの開発トークンを使用してより狭いノーズのフロントエンドを開発するとされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / アルファタウリ