角田裕毅 「2021年にF1デビューが叶わなれば日本に戻る」
角田裕毅は、F1デビューを果たせるかどうかを証明するにはFIA-F2での1シーズンで十分であり、2021年にF1デビューを果たせなければ、来季は日本で走ることになるだろう語る。それだけ、今回のチャンスに賭けている。

レッドブル/ホンダF1の育成ドライバーである角田裕毅は2021年のアルファタウリ・ホンダでのF1デビューが濃厚とされており、今月初旬にイモラ・サーキットでアルファタウリ・ホンダの2年落ちのマシンをテスト。約350kmを走行し、フリー走行限定のF1スーパーライセンスの資格を満たした。

角田裕毅は、FIA-F2でランキング5位以内に入れば、F1スーパーライセンスを取得して、2021年のF1デビューへの道が開ける。

角田裕毅は、レッドブルF1のヘルムート・マルコからF1デビューするためのどのようなアドバイスを与えられたかを明かした。

「ヘルムート(マルコ)は、今シーズンはうまくやって、スーパーライセンスのために5位になるように言われています」と角田裕毅は語った。

「彼はチャンピオンシップを5位で終えることができれば、F1に進むチャンスがあると言っていました。それができなかったら、再び日本に戻って走ることになると言われました」

角田裕毅は、現在の若手F1ドライバーがFIA-F2で1シーズンを経験しただけでF1に昇格していることを指摘した。

「厳しいですが、彼の言うことに合意しています。ジョージ・ラッセル、ランド・ノリス、シャルル・ルクレールのような優れたドライバーは、F2で1年しか必要ありませんでした。彼らは2~3年は必要ありませんでした」

角田裕毅は、自分の夢だけでなく、多くの日本人ファンのためにもF1デビューを実現させたいと語る。

「日本のファンは日本人ドライバーがF1に参加するのを待っています。それはソーシャルメディアから見ることができます。日本からのプレッシャーがありますが、悪いプレッシャーではなく、良いプレッシャーだと思っています。彼らは日本人F1ドライバーを待っています、そして、僕はそれを達成するために最も近い一人です。彼らのためにそれを実現したいと思っています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / レッドブル / ホンダF1 / アルファタウリ