フォルクスワーゲン 2017 WRC
FIAは、フォルクスワーゲンの2017年仕様のポロ R WRCが世界ラリー選手権に参戦することを許可しなかった。

1月1日の最終期限に間に合わなかったフォルクスワーゲン・モータースポーツだが、プライベートチームがWRCでポロを使用できるようにクルマのホモロゲーションを得られることを望んでいた。

FIAとフォルクスワーゲンは2週間にわたって会議を重ねてきたが、クルマをホモロゲートさせないという決定が下された。

フォルクスワーゲンのモータースポーツダイレクターを務めるスベン・スミーツは「カスタマーから問い合わせがあり、プライベートのドライバーとチームに貸し出すことを目的として、我々は2017 フォルクスワーゲン ポロ WRカーのホモロゲートの権利を破棄することをFIAに求めた」とコメント。

「現在のWRCレギュレーションではそれが可能ではないことがわかった」

「我々は結果を完全に受け入れているが、同時にカスタマーのために残念に思う」

「非常に建設的な議論をしてくれたFIAに感謝したい」

フォルクスワーゲンは、2016年末でWRCから撤退している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: WRC (世界ラリー選手権) | FIA | フォルクスワーゲン