ウィリアムズF1、ローガン・サージェントをメキシコとアブダビでもFP1に起用 F1スーパーライセンス取得をサポート
ウィリアムズ・レーシングは、ローガン・サージェントをF1メキシコGPおよびF1アブダビGPでFP1セッションに起用することを発表。F1スーパーライセンスポイント取得のサポートが目的となる。

ローガン・サージェントは、2020年のFIA-F3をランキング3位、2021年をランキング7位で終えており、今週末のF1アメリカGPでのFP1セッション走行で1ポイントを加算して、現在、28ポイントのスーパーライセンスを獲得している。

今年、FIA-F2選手権に参戦してランキング3位につけているローガン・サージェントが40ポイントを獲得してF1スーパーライセンスを取得するには、12ポイント以上=ランキング5位以上でシーズンを終える必要があったが、2回のFP1によって2ポイントが追加されることで、ランキング6位でも基準を満たすことが可能となる。

アメリカ出身のローガン・サージェントは、10月28日(金)のF1メキシコGPでの 60 分間のセッションでアレックス・アルボンの FW44 を引き継ぎ、11月18日(金)のF1アブダビGPではニコラス・ラティフィの車を引き継ぐ。

また、ローガン・サージェントは、アブダビでのシーズン終了後にヤス・マリーナ・サーキットで行われるヤング ドライバー テストにも参加。ウィリアムズF1は、数日間のプライベート テストと大規模なシミュレーター作業を完了させ、ローガンがチームのレース準備を支援し、ウィリアムズ アカデミー ドライバーとして継続的な開発作業をサポートする。

ローガン・サージェントは「昨日、ここCOTAでホームグラウンドでドライブする機会を与えてくれたウィリアムズ・レーシングとドリルトン・モータースポーツに改めて感謝したい。これまでのキャリアの中で最も楽しい瞬間の 1 つだった」とコメント。

「メキシコとアブダビのFW44でさらに多くの時間を与えられたことに非常に感謝している。僕の目標は、オースティンとグローブのシミュレーターでの時間を通じて達成した進歩を基に、チームと一緒にマシンのすべての分を最大限に活用することだ」

「もちろん、アブダビでF2シーズンを可能な限り最高のポジションで終えることに集中しているし、FW44で過ごした時間は、F2フィナーレに向けて鋭く準備を整えてくれると確信している」

ウィリアムズ・レーシングのスポーティング ディレクターのスヴェン・スミーツは「ローガンは、オースティンでのFP1デビュー中に高いレベルの理解を示し、週末の残りのチームの準備に役立つ有用なフィードバックを提供してくれた」とコメント。

「我々は、FIA スーパー ライセンス取得に向けたローガンの努力をサポートすることに懸命に取り組んでおり、ローガンにメキシコとアブダビで、フリープラクティスセッションとヤングドライバーテストの両方でチームのトラックサイドに溶け込む機会を提供する」

「チームとして、ローガンがFW44 のハンドルを握り、ウィリアムズ アカデミー ドライバーとしての成長を続け、彼の才能を活かす貴重な時間を提供できることは素晴らしいことだ。今シーズン、ローガンがどのように進歩し、F2でシーズン最後のレースを終えるかを楽しみにしている」

ローガン・サージェント ウィリアムズ・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / F1アブダビGP / F1メキシコGP / ローガン・サージェント