ウィリアムズF1代表 「ローガン・サージェントはいずれF1に到達する」
ウィリアムズF1チームのチーム代表を務めるヨースト・カピートは、チームの育成ドライバーであるローガン・サージェントが将来的にF1に到達できると「完全に確信している」と語る。

アメリカ出身のローガン・サージェントはウィリアムズ・レーシングの育成ドライバーの一員であり、昨年のシーズン後のアブダビテストでチームのためにF1マシンを走らせた。

今年、ローガン・サージェントはホームレースの週末であるF1アメリカGPでFP1に出走する予定であり、ウィリアムズF1のチーム代表であるヨースト・カピートはサージェントをどれだけ評価しているかを秘密にしていない。

「彼は将来F1カーに乗るだろう。私は完全に確信している」とヨースト・カピートは語った。

「もちろん、我々は感銘を受けている。ご存知のように、F2での彼の最初のシーズンだ。我々は彼にいかなるプレッシャーもかけなかった。彼には成長する時間があり、彼がどれだけ早く車を理解し始めることができたかに本当に感銘を受けた」

ローガン・サージェントは、7月にF2で2勝を挙げており、残り4ラウンドでチャンピオンシップでは3位につけている。F1シートが利用可能になった場合、F1に卒業するのに十分なスーパーライセンス ポイントを獲得するには、上位5位以内でフィニッシュする必要がある。

アレクサンダー・アルボンは2023年もウィリアムズF1チームに残留することが確定しているが、現在のチームメイトであるニコラス・ラティフィの2022 年以降の将来は不明のままとなっている。

「シーズンが終わっていない限り、F2ドライバーについて何かを早期に決定するのは非常に難しい。もちろん、それは意思決定の一部だ」ヨースト・カピートは続けた。

「さまざまな選択肢があると思う。そして、最終的にはチームにとってベストだと信じるものを進めていく。しかし、まだその段階には達していないため、詳細を説明するのは時期尚早だ」

ウィリアムズ・レーシング F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ