ウィリアムズF1、大幅アップグレードで「レッドブルF1の方向へシフト」 / F1 イギリスグランプリ
ウィリアムズのF1ドライバーを務めるアレクサンダー・アルボンは、チームがF1イギリスグランプリで導入するメジャーアップグレードは、サイドポッドのデザインの観点から車のコンセプトを「レッドブルの方向性」に動かすものだと語る。

アレクサンダー・アルボンは、F1イギリスグランプリで、フロア、サイドポッド、その他のボディワークを含む大幅なアップグレードを実行する唯一のウィリアムズF1のドライバーになる。金曜日のプラクティスで期待どおりに機能した場合、週末の残りもアップグレードパッケージを走らせる可能性がある。

チームメイトのニコラス・ラティフィは、パーツの供給が限られていること、そして、バック・トゥ・バックの比較を提供することもあり、古い仕様のウィリアムズをドライブする。

「グリッドの残りの部分がどのように見えるかにより目を向けることになるだろう」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「これまで見てきたように、誰もが特定のコンセプトやテーマに向かっている。ご存知のように誰もが少し違ったスタートを切った。採用されているように見えるのは、フェラーリのコンセプトかレッドブルのコンセプトのどちらかだ」

「僕たちの車はレッドブルの車に似ているけど、同じとは呼べない。それが僕たちが向かってきた方向だ」

具体的に言及しているのはサイドポッドのコンセプトについてかと質問されたアレクサンダー・アルボンはそれが事実であることを確認した。

「これは大きなアップデートです。2週間前と同じパーツはあまりないので、かなり大きい」とアレクサンダー・アルボンは語った。

ウィリアムズF1チームは公にはそのような主張をしていないが、アップグレードは1周あたり1秒ほどの価値がある可能性があるとも報じられている。

アレクサンダー・アルボンは、かなりの利益があると確信しているが、数字については触れず、1秒という提案を軽視した。

大きなゲインの可能性について質問されたアレクサンダー・アルボンは「非常に良いアップデートになるだろう」と笑った。

「僕たちが何をするかを言うのは難しい。もし1秒も改善するなど…とても、とてもハッピーだろうね」

「正直言って、車を運転するまで、実際には分からない。特に金曜日に確認するのは、車の扱い方を理解し、車高ウィンドウとバランス調整の観点から何ができるかを理解することだ」

「金曜日に非常に異なる車になっている可能性があり、慣れるのに少し時間がかかるだろう。おそらく今週末でさえ、それよりも少し時間がかかるかもしれない」

「数字はない。それを出すのは馬鹿げていると思う。でも、僕たちは明らかに良い改善を望んでいる。チーム全体、私自身、僕たちはそこにたどり着きたいと思っている

パーツが限られているという事実は、それがあまりにも多くのダメージを被った場合、ウィリアムズが後退することを意味する。

アレクサンダー・アルボンは、チームが理解を深めている間、最初は車に対して「着実」に進めていくと語った。

「1台の車では、トリッキーになるだろう」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「最初のラップのターン9(コプス)を全開で走るつもりはない、それは確かだ。しっかりと着実に進めていく」

ウィリアムズF1は、今シーズン平均して最も遅い車となっており、マイアミでのアルボンの9位とオーストラリアでの10位の2回しかポイントを獲得していない。

アレクサンダー・アルボンは、アップグレードのラップタイムのゲインについては語らなかったが、ウィリアムズF1がより一貫したQ2の脅威として再出現し、それをミッドフィールドでの戦いの要因にすることを望んでいる。

先月のスペインGPでメジャーアップグレードを発表して以来、シーズン序盤の苦闘者であるアストンマーティンF1が大きな一歩を踏み出したことを考えると、ウィリアムズF1にとってゲインを得ることは特に重要となる。

「ポジショニングに関しては、明らかに、Q2、ミッドフィールド、ポイントをもっと戦いたいと思っている」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「今の私たちにとって非常に良い週末は、すべてをまとめると、ポイント圏外のP11、P12にいる」

「現実的に言えば、理論上では、僕たちは十分に速くなかった。僕たちはそれを知っており、9番目に速い車に対しても少しのギャップがあった。したがって、特にアストンがステップを果たしたことで、僕たちは少し置いていかれた」

「そして、そのグループに戻ることができれば、そのミッドフィールドパックでQ3に入る異なる車が常にいる。そして、もちろん、それらのポジションを戦う機会があれば、それが僕たちが本当に必要としていることだ」

ウィリアムズ・レーシング F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / F1イギリスGP