ウィリアムズF1 「FW44からすべての塗装を剥がすことも検討した」
ウィリアムズF1の車両パフォーマンス責任者を務めるデイブ・ロブソンは、チームのエンジニアはFW44を軽量化するためにすべての塗料を剥がすことを検討したが、当然ながら、その計画はマーケティング部門から反対されたと語る。

2022年の新世代F1マシンが発表されたとき、重要が最大の問題となった。18インチタイヤへの移行や安全性を向上させるためのシャシー構造の変更によってF1史上最も重い795kgの最低重量が設定されたが、大部分のF1チームはそのしきい値を大幅に超えていた。

プレシーズンテスト後に最低重量はさらに3kgの増加することが承認されましたが、依然としてF1チームは上限を達成するのに苦労し、一部チームは最低重量を10kgも超えていると言われている。

少しでも軽量化するために、レッドブル、マクラーレン、アストンマーティンは、車の一部に塗料を剥がしてカーボンむき出しの状態となっているが、デイブ・ロブソンは、ウィリアムズF1はチームのマーケティング部門が計画に反対する前にさらに一歩進んで、すべての塗料を剥がすことを検討したと説明しする。

「エンジニアリングとマーケティングが衝突する部分だ」とデイブ・ロブソンは語った。

「我々は皆、車が魅力的に見えることを望んでいる。それはスポーツの一部だ。そして、それは車のカラーリングだけではない。ブランド全体のトーンを設定する。これは明らかに非常に重要だ」

「それは妥協だ。車には目に見える個性が必要だが、同時に、できるだけ速い車を作ることはスポンサーの利益になる」

F1チームの広範囲にわたる重量への苦戦を考えれると、新しいレギュレーションを策定する際にF1は最低重量を間違えたとデイブ・ロブソンは考えている。

「最低重量制限を達成することは信じられないほど難しいことを我々はかなり前から知っていたと思う」とデイブ・ロブソンは語った。

「加えて、コストキャップの複雑さが増す中で、特に大規模なチームは、どのようにそれを達成するのか?」

「ある程度それはわずかに任意の数字だ。FIAが500kgに体重制限を設定した場合、それを達成することは決してできない。したがって、スポーツとしての我々がその数字の目的をどのように見ているかによって異なる」

「現状のように、チームの大多数、またはすべてのチームがそうである場合、スポーツとしてその数字を増やすほうがよいと言える」

「しかし、それを増やす必要のないチームが1つあるとしたら、もちろん、彼らはそれに同意しないだろうということは完全に理解できる」

デイブ・ロブソンは、ウィリアムズF1がF車から塗料を選択的に取り除くことで、「意味のある」軽量化を実現ししており、FW44のカーボンむき出しの部分は、残りのシーズンもそのままになる可能性がある

「ペイントスキームは純粋なエンジニアリング上の決定よりも少し多いが、他の方法で体重を見つけるのは費用と時間がかかるので、そのままであることは想像できる」とデイブ・ロブソンは語った。

「現在の車の外観に満足している場合は、そのエンジニアリング予算を他の何かに費やして、車をより速くする方がよいだろう。このままでいることを願っている」

ウィリアムズ・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ